CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ドラマ『大恋愛』とこぼれ落ちる記憶

  1. 金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』を楽しみに観ている。

若年性アルツハイマー病に侵されていく美しく魅力的な女性と、彼女に恋したうだつの上がらない男のラブストーリーだ。

先週とうとう〈尚〉は、愛する恋人の名〈真司〉を元婚約者と混同し〈侑市さん〉と呼んでしまった。そしてそのことにすら気づかないのだった。

 

北澤尚【戸田恵梨香】若年性アルツハイマー病に侵されていく女医

間宮真司【ムロツヨシ】売れない作家 引っ越し業者でバイト中

井原侑市【松岡昌宏】アルツハイマー病を研究する医者 尚の元婚約者

 

認知症やアルツハイマー病の自覚症状や、判定はどは困難なのだとよく聞く。尚はたまたま婚約者がアルツハイマー病の権威だったことから、発症前に診断されることとなった。

忘れる病気。その深刻さと、しかし自分との距離の近さに興味を覚えずにはいられない。

 

もちろん、物忘れとそそっかしいのと病とはベツモノだと知っている。

それでも、ふと不安になるときがある。自分は、グレーゾーンにいるんじゃないかと。

 

きのうも、家じゅう珈琲カップを探し回った。前日飲んだはずのカップが見当たらない。仕事部屋でパソコンのキーを叩きながらこげ茶色のごついカップで飲んだ。洗って片づけたのかと、食器棚を探すがない。流しに置きっぱなしにしたか、まさか食器洗い器に入れてしまったか、炬燵の上、カウンター、テーブルを探すが見当たらない。

 

そこで、はたと気づいた。

「そうだ! 宅急便を受けとるときに、ついでに 片づけようと思って玄関に持って行ったんだ」

仕事部屋は、キッチンと離れているので、ついでにと何かを持ち運ぶことが多い。そのまま、玄関の棚に置き、忘れてしまったのだ。

 

まったく、自分ながらにいやになる。

こういうことが毎日のように続いている。

電車に乗って本を開けば、降りるのを忘れる。お茶を淹れようと急須に湯を注いだまま忘れる。近道を行こうとハンドルを握った途端に忘れ、いつもの道を走っている。あれをつけて出かけようと思っていたアクセサリーをつけ忘れて出かける。毎日のゼロトレでも、同じストレッチを3回くらいやると何回目か忘れる。

 

これは単なる物忘れであり、そそっかしいだけなのか?

ドラマのテーマは恋愛なのに、冷や冷やしながら観ている自分がいる。

朝、ひとり分の珈琲をドリップするときに、探しました。

左側のこげ茶のごついカップが、行方不明になっていました。高崎を旅したときに立ち寄った工房で見つけたのはよく覚えているんですが。

初めて行った甲府のAKITOCOFFEEで買った、ケニアの豆です。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    見てますよ!「大恋愛」
    物忘れって、年々増えてきますね。だから、忘れないように努力してます。
    メモや、覚書やそのへんに貼ってますよ。
    あの、病院でのテストはできましたか?さえさん。
    私は、大丈夫でしたよ!(笑)
    でも、3つのキーワード。
    ・お母さんの旧姓
    ・真司が捨てられていた神社
    あともう一つ、最初が思い出せないんです。
    さえさん、教えてください♪

    • さえ より:

      ぱすさん
      おもしろいですよね~♩『大恋愛』
      真司が優しすぎるし、尚が可愛すぎるし。観ていてほっこりするシーンいっぱいなのに、これから悲劇になるのかな~って。
      メモ、覚書、大切ですよね。
      自分にメールしたりもします。
      病院のテスト、危ないです。自信ないなあ。でも、3つのキーワードは覚えていますよ。
      ・いちばん好きな小説は?~砂にまみれたアンジェリカ、ですよ~

  2. hanamomo より:

    こんばんは。
    私も随分前からグレーゾーンです。(笑)
    コーヒーカップの事も手に取るようにわかります。

    先日は後片付けの最後に布巾を洗おうと思ったらどうしても大ふきんが見つからず、あちこち探しても見つからずに就寝。
    翌朝、ご飯を作ろうと冷蔵庫を開けたら目の前にふきんがありました。
    冷蔵庫の中をちょっと拭いてそのままだったようです。
    こんな事はしょっちゅうです。

    ケニアの豆美味しいでしょう。
    私も友人宅でご馳走になりました。

    • さえ より:

      hanamomoさん
      えっ、hanamomoさんも、グレーゾーンですか?
      そんなふうには感じませんでした。
      冷蔵庫のなかは、でも、ブラックホールですよね。
      友人が、テレビのリモコンが入っていたと言って家族で大笑いになったって言っていました。
      布巾なら、わたしもありそうです。
      ちょっとほっとしました。
      ケニアの豆、酸味がやわらかく広がる感じでとても美味しいです。
      ホット珈琲が美味しい季節になりましたね~♩

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.