CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

胸を開いて”いいもの”を数える

姿勢矯正もできる軽いタイプのヨガ、ひめトレに通っている。

南アルプス市なので、車で40分ほど。ちょっと遠いけれど、とても気に入っている。年若い女性の先生が大らかでゆったりとした人柄で、赤ちゃん連れの若いお母さんたちや、年上の素敵な女性たちが集まってくる。ほんわかしているうちに身体もほぐれてすっきりする。しっかり目のヨガはちょっと疲れちゃうんだよな、という人におススメの教室だ。

 

先生がよく教えてくださることのひとつに、胸を開くというのがある。

「胸を開くと、それだけでパワーをとり入れられるんですよ」

寒い季節には、縮こまって猫背にもなりがちだ。身体は心と通じているところが大きく、縮こまっているときには、心も内にこもってしまう。意識して胸を開くことで、太陽の光や万物のエネルギーなど”いいもの”を身体にも心にもとり入れよう。ということらしい。

 

「”いいもの”って、何だろう」

一緒に胸を開き、深呼吸しながら考えていた。

強いもの。美しいもの。優しいもの。潔いもの。輝かしいもの。健やかなるもの。穏やかなもの。善なるもの。暖かなもの。心地よいもの。愉し気なもの。

数えるように、思い浮かべていたら、そのすべてが、開いた胸から入ってきたような気がした。

「”いいもの”って、いいものだなあ」

 

両手を広げて、胸を開いて、深く呼吸をして。

”いいもの”思い浮かべてみませんか?

CIMG5020ヨガ教室の会場は、お寺。妙善寺です。

CIMG5029しんとしたたたずまいのお寺での、心安らぐ静かな時間。

CIMG5018立派な鐘があります。鐘の音は、まだ聞いたことがありません。

CIMG5027鐘の裏側には、水仙が満開でした。やわらかい色合いが可愛い。

CIMG5035道々あちらこちらに、梅の花が咲いているのが見えました。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CIMG6895

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

随筆かきます。

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.