CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『神田明神』で道案内

東京の実家に年始の挨拶に行った際、『神田明神』を詣でた。

今月末にここで会社のイベントがあるので、お参りしたかったのだ。

 

混み合う人に戸惑いながらも(東京は人がいっぱいいるなあ)、ぶじお参りすることができた。ホッとして振り返り、二ノ鳥居をカメラに収めたときだった。

「スミマセン」

声をかけられた。

外国人の男性だった。二十歳くらいだろうか。男の子と言ってもいい。

「ここに、行きたいんですけど」

けっこう達者な日本語だ。彼が広げた地図をのぞきこむ。

「ここが神田明神で、行きたいのは、ここなのね」

方向音痴オリンピック金メダリスト有力候補のわたしである。『神田明神』を訪れたのも初めてで、土地勘もない。訊く人を間違えている。そうは思ったができるだけのことはしたい。

「こっち、行ってみようか」

「いいんですか?」

と、腕時計を指さす。

「だいじょうぶ」

OKともノープロブレムとも言えるが、あえてすべて日本語対応にした。というか、口から日本語しか出てこない。ひと言でも英語をしゃべると、英語で話しかけられ兼ねない。たぶんその方がややこしくなる。そんな防衛本能はしっかり働いていた。

「どこの国の人?」

「台湾人です」

そんなふうに話しながら歩き出すと、あっけなく目的地は見つかった。仕事を斡旋してくれるところらしい。

「ありがとうございました」

ぎこちなく頭を下げる彼は、ちょっと心細そうに見え、

「がんばって」

あまり使わない言葉が、口を突いて出た。

それと一緒に、手話の「がんばる」という仕草も。言葉が通じないかも知れないと思うと、つい身体が動いてしまう。手話も亀の歩みでしか上達しないのに、伝えたいときに身体が動くマイジェスチャーの一部になっている。

すると彼は同じ手話を返し、うなずいた。言葉はない。

もちろんそれは手話ではない。けれどしっかり「がんばります」と言っていた。

日本語の「がんばる」に当たる言葉がない国もあると聞いたことがある。台湾がどうなのかはわからないが、通じたのだからいい。

 

『神田明神』は、あらゆるご縁を結んでくれるご利益があるという。

どうか彼が日本でいい仕事に、いいご縁に巡りあえますように。

JR御茶ノ水駅から、聖橋を渡ってすぐです。

露店がたくさん並び、すごい人出でした。隋神門。

御神殿です。並んで5人くらい待って、お参りしました。

だいこく様尊像にも、お参りしました。開運招福とありますね。

獅子山。夫婦の獅子だそうです。

空には飛行機雲の跡が、流れて消えていきました。

手話の「がんばる」。しっかり握った拳に力を入れて小さく振り降ろします。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.