CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ちぐとはぐ

今週末、夫の友人3人が泊りがけで遊びに来る。

大学時代の山歩きのサークルで一緒だった人たちで、天気がよければ山に登ろうということらしい。すでに卓上七輪で焼くための肉が届いているし、良質な町内産のジビエ(鹿もも肉)も手に入れた。頼まれた谷桜酒造の純米大吟醸も用意してあるから、天気が悪くてもさほどがっかりもしないだろう。

 

さて。3人以上の客人に宿泊してもらうのは、夏に社員たちを呼んでバーベキューしたとき以来だ。

「掛布団、3枚あったっけ?」

夏には必要なかったものを、確認した。子どもたちが家を出るときに、布団を1枚、毛布を1枚、いや2枚という感じで持っていったこともあり、あると思っていた毛布がなかったり、ないと思っていた掛布団があったり。しかし数年前に揃えた客用布団カバーは、2組しかなかった。

「なんだか、ちぐはぐだなあ」

布団を干しながら、ひとりごちるが、これから揃えて購入するには時間がない。

「ちぐはぐも、またよし、か」

布団をたたきながら、ふたたびひとりごちる。

ひとつのものを見れば、きちんとしているのに、組み合わせによって、うまく調和がとれないことがあるのだ。

 

「ちぐはぐ」の語源は、「ちぐ」が「金槌」で「はぐ」が「釘抜き」だそうだ。

金槌と釘抜きを交互に使っていたら、一向に仕事は進まない。そんなところから「ちぐはぐ」という言葉が生まれた、という説もあるらしい。また、棟梁が金槌が欲しいとときにしたっぱが釘抜きを渡し、釘抜きが欲しいときに金槌を渡したから、とも言われている。

「だけど今、金槌と釘抜き、一緒になってるのも多いよなあ」

「ちぐ」と「はぐ」が、すでに一緒になってるんだから、まあいいか。

そう思いながら、布団をとりこんだ。しかし。

 

来年の話をしても鬼が笑わなくなった今、うん。来年は、と決意新たにする。

「お客様用の布団カバーを、揃えよう」

まあ、ペンションでも山小屋でもないんだから、いいんだけど。

CIMG5267布団も毛布も、柄がちぐはぐですが気持ちよく陽に当たりました。

CIMG5264普段は物置きになりがちな和室ですが、お客様が来るたびに掃除するので、さっぱりします(笑)一枚板のテーブルは欅(けやき)の木です。じつは脚がくっついてないんです。乗っけただけ。危ないから気をつけてね、とお客様に注意事項を伝えるのもいつものことです。そろそろつけようか、脚(笑)

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

  1. ユミ より:

    キャー!ステキ~!!
    期間限定でいいですから、年に数日でもペンション営業してくださいよ。
    私、絶対行きますから!(笑)(*^^)v

    • さえ より:

      ユミさん
      ありがとうございます♪
      いやー掃除が苦手なんで(笑)
      たまに友人が来るくらいがちょうどいいかな。
      でもユミさんなら歓迎します❤
      がっかりするかもですが(笑)

CIMG6581

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.