CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

コイン洗車機のなかで

馴染みのガソリンスタンドのまえにコイン洗車機が出来てから、自分で気軽に洗車できるようになった。きのうもひとり、機械にコインを入れ洗車した。

夕闇迫る時間帯で、洗車場にはわたしひとりだけ。常駐しているおしゃべりなスタンドのおじさんも不在だった。

ここのスタンドには、ふたり、わたしに愚痴ってくるおじさんがいる。おじさんといっても、年下かも知れない。寒すぎるとか暑すぎるとか、健康診断の数値が悪かったとか、洗浄機で手にマメができたとか。わたしは、どこへ行ってもけっこう愚痴をこぼされる。こぼしやすいものを持っているのだろう。

 

さて。洗車機のなかでエンジンを止め、自動的に車が洗われていくのを待つわけだが、そのとき感じる違和感が好きだ。自分は止まっているのに、周りで機械が動いていることで、まるで突然バックしたような気分に陥る。それが好きなのだが、もうひとつ好きがことがある。

きれいに洗われていく車のなかにいると、自分まできれいになっていくような気がするのだ。それは外見の美ではない。内面だ。

 

この門を通ったら、心がリセットされる。そんな感じ。

そんなことがあるわけはないんだけど、もしかしたらこの洗車機が異空間と通じていたりして、ヒトにはわからないパワースポットだったりだとか、そんなことだって絶対にまったくあり得ない、ってわけでもないんじゃないかな。

洗車したばかりのマイカーと夕刻の八ヶ岳。

きのうの夕方は、シルエットになった八ヶ岳と雲の競演が素敵でした。

南アルプス連峰の甲斐駒ケ岳もいい感じ。

これはきのうの朝の八ヶ岳。雲ひとつない。

最高峰赤岳です。

螺旋のような姿の権現岳。

わたしと電柱の影と一緒に。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.