CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ストレートパーマ

ちょっと前のことになるが、ストレートパーマをかけた。

ショートボブにしてくるくるドライヤーを40年ぶりに購入したのだが、朝直しても昼には左の癖が跳ねている状況に疲れてしまった。

ストレートパーマをかけたら、ドライヤーも何もしなくてもまっすぐ。楽ちんだ。

(朝、ブラシでとかすくらいはするけど)

 

若い頃は、ショートにしていたけれど、ストレートパーマは初めて。サラサラすぎる感覚がおもしろい。

髪を切るきっかけとなったのは、「手話まつり」で波平役をやるのにカツラをかぶりやすくするためだった。そのおかげで、初めての体験をさせてもらっている。

ひとつひとつの出来事が、今に、明日につながっているのだと思うと、これもまたおもしろい。

ストレートパーマをかけた髪のように、サラサラとはいかないことも多かれど。

写真で見ると、鏡で見るより茶色が明るい感じがしました。

楽ちんな夏を過ごさせてもらっています。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ユミ より:

    わ~さえさんステキです~(^^♪
    イメージ変わりましたね。
    これくらいの長さがあれば、暑い時は結べますね。
    私はうねるクセがあるので、ストレートパーマをあてても、しばらく経つとうねりが出てくるんです。
    でもストパも1年くらいは綺麗に保ててます。
    後は小まめにカットしてうねりが出て来たら、レイヤーを入れてもらったり、色々試行錯誤していますよ。(^^ゞ
    今はきっと髪の毛触ると、トゥルトゥルって感じで気持ちいいですよね~。(笑)
    とにかく楽チンが一番な年齢になりました。

  2. さえ より:

    >ユミさん
    ありがとうございます♩
    ユミさんがストレートパーマにしたときいてから、いいな~と思いつつ迷っていました。
    かけてみたら、楽ちん♡
    お世辞かもしれませんが、若返ったと言われます(笑)
    わたしも左に癖があるんですよ~それがときどき主張しますが、そっか。切り方を変えたりしていけばいいんですね。やってみます。
    ほんと、楽ちんがいちばんの年齢になりました(^_-)-☆

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.