CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

プリンタくん大活躍

年末である。

年賀状の印刷で、プリンターはフル回転。旅行の写真を両親に送る際にも長時間労働してくれた。最近とみに、プリンターの近くで作業する時間が増えている。

 

そんなある日の夫との会話。

「あー、写真用紙切らしちゃった。プリントの途中なのに」と夫。

「インクも切れてるね。用紙買ったら入れ替えるね」と、わたし。

「インクは買い置きあるでしょう?どうして今替えないの」

「だって。インク替えたら、プリントしようとするでしょう」

「紙がなければ、プリントできないじゃん」

「紙がないのに、プリントしようとするじゃん」

「しようとするって、何それ。紙がなかったらプリントできないでしょ」

「紙がないのに、プリントしようとするじゃん。可哀想じゃん」

「わけわかんないんだけど」と怪訝な顔で、夫。

「できないのに、しようとがんばってるプリンターを、見るのが嫌なの!」

決裂である。わたしの気持ちは、夫には判ってもらえなかった。

 

それからわたしは、プリンターをプリンタくんと呼んでいる。

「モノに感情がないなんて、いったい誰が決めた?」

と、森見登美彦風にわたしは問いたい。

心というものは、浮遊する。わたしが息を吹き込めば、プリンタくんは目覚めるだろう。思いやりを持って接していればきっと、その思いは通じるはずと確信している。ときどき言うこと、聞いてくれないんだけどね。

cimg3406

キャノンのブラウンなプリンタくん。活躍中です。

cimg3402

なんとご購入ありがとうキャンペーンで「選べる新体験100」が大当たり!

プリンタくん、ありがとう。やった!

熱気球とか、犬ぞりとか、キックボクシングもあるー。

cimg3395関係ありませんが、ぼく、たこよんです。よろしく。

足が4本だからたこよん。うーん、短絡的だなあ。

プリンタくんも、そう言っていますよ。心を込めて、名前つけて欲しいなあ。

cimg3399ブックホルダーなんです。役に立つんです。4本足、伊達じゃないんです。

小説の文章をかき写すのって、じつはとってもおもしろいんですよ。

料理本にも重宝するって言われます。えへん。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CIMG0887

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.