CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

停電の夜に

母の日の前日、上の娘からプレゼントが届いた。

ピンクを基調にしたプリザーブドフラワーだ。やわらかなピンクが、目にまぶしい。優しく和やかな気持ちになる。

お約束のメッセージ「母の日おめでとう」も、ちゃんとついていた。

 

その夜、ちょうど夕食を終えた頃、突然停電した。

夫が電池式のライトを出し、ふたりスマホで情報を探すが、東京ならまだしも山梨の田舎で停電したくらいじゃニュースにもならず、何も得られない。

「どうする?」

「どうしようもないね」

食後に仕事をするはずだった夫も、あきらめモードだ。食事も風呂も終えたし、ライトもある。特別に困ることはなかったが、やろうと思っていたことはできない。

テーブルを見ると、プリザーブドフラワーが弱い光のライトに照らされている。きれいだ。明るいなかにあるのとはまた違い、静かな落ち着きを満たしている。

ふともう今夜は何もせず、こうしていればいいかなと思えた。

 

それから30分くらいして、電気がついた。市内の変電所の故障だったらしい。

夫は予定通り仕事をし、わたしは洗い物を済ませ、ベッドライトをつけて本を読んだ。もしあのまま停電していたら、どうしていただろう。

 

ジュンパ・ラヒリの『停電の夜に』を思い出す。

子どもの死産がふたりの関係に暗い影を落としていた。夫は、それで壊れるようなことはあるまいと思いながらも、妻とすれ違っていく自分を俯瞰している。そんなとき5日間、夜の8時から1時間、停電になるとの通知があった。

「そうしましょうよ?」いきなりショーバが言った。
「どうするって?」
「何か言いっこするのよ、暗い中で」
「たとえば? おれはジョークの持ちあわせなんかないぜ」
「そういうのじゃなくて」と、しばらく考えてから、「いままで黙っていたことを言うなんてのは?」

停電の夜、何をしますか?

こんな包みのなかに、入っていました。

可愛い~♩ 居間のテーブルに飾って楽しんでいます。

プリザーブドフラワーって、とっても軽いんですね。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.