CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

天井の布

「あれ、どこだったっけ?」

唐突に、夫が言った。

「ほら、天井に布が張ってあるホテル、あったじゃない」

「ああ、あったねえ。白っぽい布。食堂の上だっけ?」

「そうそう。あれ、やろうかと思うんだけど」

「えっ、どこに?」

「居間の吹き抜け。暖気が2階に逃げないように」

「おー、なるほど」

というわけで、居間の吹き抜け部分に、布を張った。

ユザワヤで4m近い生成の布を買い、画鋲で停めただけの簡単仕様だ。

不思議なことに、これだけのことだが暖かさが違う。空気は目に見えないけれど、これまでも自由に1階と2階を行き来し、暖かなものは上へ上へと上っていたのだ。

布を張って、上へ上へと上ろうとする空気がこつんと布に当たり、すごすご引き返してくるのが見えるようで、見上げては笑っている。

 

「ところで、あのホテル、どこだったっけ?」

「グラナダかなあ」

「いや、そんなに昔じゃないと思う」

そう言いつつ夫が、写真を見つけてきた。2年前のイタリアの旅。シチリア島のパレルモのホテルだった。「ああいうのがあった」ということは覚えていても、「いつどこで」がなかなか思い出せないお年頃である。

こんな感じです。写真を撮るには、窓の光が明るすぎました。

横から見ると、ハンモックのよう。

船の帆のようにも見えますね。ヨーソロー!

薪ストーブくんが、横目で見ていました。

パレルモのホテルの写真です。photo by my husband.

 

☆パレルモの旅レポも、よかったら、どうぞ。

【アートの街、パレルモ】

【ソードフィッシュを探して】

【上を向いて、足もとを見つめて】

【シチリアのB級グルメ】

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.