CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

好きを積み重ねたら

「小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道だ」

イチローのこの言葉が、好きだ。

 

場外ホームランのボールが行き着く先のような、とんでもないところに行くつもりはないが、「小さな積み重ね」が、好きなのである。

脳内をうまく整理整頓できないわたしには、ひとつ、ひとつ、またひとつと片づけたり重ねたりする方がわかりやすい。

 

経理事務を20年以上やっているので、数字が得意だと勘違いされやすいが、じつは、「1、2、3、その次はたくさん」と言いたい派である。

その経理事務も、ひとつひとつ順番に片づけていくから、滞りなく回っていく。

 

朝起きて、トイレに行って、ご飯土鍋の火をつけてタイマーをセットし、湯を沸かし、味噌汁の具を刻み鍋に入れ、ご飯が炊けてから洗面所に顔を洗いに行く。

ひとつひとつ、片づけていく。このひとつひとつ片づけていく感覚が、いい。

 

薪を運ぶときにも、腕をすぐ痛めるため、1本ずつ運ぶ。

時間はかかるが、1本ずつ運んでもいずれ運び終わる。この感覚がまた、いい。

 

そして毎日随筆をかき、ブログにアップしていく日々も、この夏5年を過ぎた。ひとつひとつ、積み重ねてきている実感が、すごくいい。

それでもふと、何のためにかいているのかとか、どうして毎日とか、立ち止まってしまうときがある。けれどきのう、初めて読んでいただいた方に言われた。

「かくのが、好きなんだね。それが伝わってくる」

ああ、そうだった。わたし、かくのが好きなんだ。

たぶん、そう言ってもらえたのも、積み重ねがあったからだ。

かくのが好き。「好き」って言葉っていいな。好きを積み重ねたら、とんでもないところじゃなくても、どこかには行けるかも知れない。

CIMG3326

朝7時。久しぶりに富士山を撮りました。26日に初冠雪だった雪が、きのうの朝、台風の雲が去ったときには解けていたとか。

CIMG3323ススキと富士山。頭にちょこんと乗った雲。絵になります。

 

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CIMG0780

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.