CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

憧れを形にする

まだ暑さも盛りの頃のことになるが、夫が日曜大工で庭の水道をきれいに作りなおしてくれた。

と言っても、煉瓦やセメントなどではなく、木だ。

家が洋風ではないので、そのうえ和風とも言いかねる雰囲気でもあり、迷うところだった。迷って迷って、じつは20年経ってしまった。ずっと何か形にしたかったのに、その形をなかなかイメージすることができなかった。

 

庭の水道周りを煉瓦やセメントでガーデニングのアクセントになるように作られているのを見て、憧れていたのだ。

だが、もともとガーデニングといったような庭を作るセンスがない。いただいた植物をやたら植えてはダメにしたり、強すぎてほかのものが育たなかったり。

そうこうするうちに〈憧れ〉自体、形を変えていった。

 

急に動きがあったのは、友人から教えてもらった石屋さんで、水受けにする石を選んでからだ。

ふたりして気に入った石は、丸く平たくごつごつしていて、うちの雰囲気にぴったりだ。

それに合わせると木だろうということになり、水栓はアンティークだけどシンプルなものにという方向になった。

 

憧れを形にするのは、とてもとても難しいものなのだと実感した。

木は、ウッドデッキと同じペンキで塗ってくれました。

水栓は、わたしがネットで購入。

石は、お隣り韮崎市の石屋さんで選びました。

あっ、すごい跳ねてる!

ということで、小さな石を乗せました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.