CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

新しいウッドデッキ

ウッドデッキが、ようやく完成した。

大工さんが、一枚一枚ペンキを塗った板を張り、ビスを打ち、張り終えるとふたたび一枚一枚ペンキを塗っていくさまを見て、家のような大きなモノ作りでも、ひとつひとつの積み重ねなのだと実感した。

複雑なモノごとを数多く抱えるのが苦手なわたしは、ひとつひとつ、というやり方が性に合っているので、見ていておもしろかった。

 

さて。完成したウッドデッキは、これまで松だったのを杉に、家と同じ茶色だったのを濃いグレーにした。

きのうはペンキ塗りたてで、まだデッキに立つことはできなかったのだけれど、明日は洗濯物が干せるかな? テーブルと椅子を置いて珈琲を飲もうかな、などとわくわくすると同時に、自分でも意外だったのだが、この美しく仕上がったウッドデッキにサンダルの足跡をつけるのはもったいないなあ、という気持ちにもなったのだった。

濃いグレーには、跡がつきやすいだろうし、杉はやわらかい素材であり、座ったときの感触などはいいが傷つきやすくもある。しかし無論、新しい傘が汚れるからと雨のなか差さずに抱えて歩くわけにもいくまい。

 

使い始めたらすぐに忘れちゃうかも知れないけれど、「初心に返る」っていう言葉を噛みしめて、大切に使っていこう。

CIMG1080濃いグレー、気に入っています。窓枠の黒と合うでしょう?

CIMG10822階から撮ると、こんな感じです。

CIMG1087洗面所から見ると、こんな感じ。ここから洗濯物を干します。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

  1. 悠里 より:

    おはようございます‼
    わ~‼ ついに完成。おめでとうございます。キレイに出来上がりましたね。やはり、新しい物はいいですね。
    黒光り、いえ、グレー光り! ツルツル、ぴかぴか!
    なんかうれしくなりますね。木の素材は、よく分からないんですが、松より杉の方が柔らかいんですね~‼

    広いデッキですから、色々たのしめますね。
    テンションあがってしまいます。

    お~っと、自分のお家じゃないのにね。鼻歌出ちゃいそうです。

    • さえ より:

      悠里さん
      おはようございます。
      ありがとうございます♩
      ホッとしました~グレー光り(笑)
      そうみたいです。杉の方がやわらかいんですって。弾力があるってことだと思います。
      これからの季節は、バーベキュー以外にもデッキで食事を楽しんだり、珈琲を飲んだりできますね。
      思う存分楽しもうと思います♡

  2. ユミ より:

    ウッドデッキ、完成したんですね~
    濃いグレーっていうのも、ちょっとモダンな感じで素敵です。
    コの字型のお家の真ん中にウッドデッキがあるんですね。
    これはもうひとつのお部屋、それもうんと開放感のあるお部屋ですね。
    テーブルとイスを置いて、お茶飲みながら本読んで、リクライニングチェアも置いて、お昼寝なんても気持ちいいだろうな~
    妄想が止まりません。(笑)
    ほんとに羨ましいです。

    • さえ より:

      ユミさん
      グレーもいいでしょう♩
      色を変えるだけで、がらりと雰囲気も変わりますよね。
      そうなんです。コの字型のまんなかは水回りで、お風呂とトイレ、洗面所があります。洗面所からも出入りできるので、洗濯物を干すのも便利なんです。
      リクライニングチェア、いいですね~考えてみようかな?
      これまでと違う楽しみ方も、ぜひ試してみたいです♡

  3. ぱす より:

    完成したのですね。
    広々としたスペースですね~。
    ここで、ガーデンパーティーができそうですね。
    白いお花はヤマボウシですか?
    お庭もかなり広いのですね。
    四季折々の風景がこのデッキから楽しめそうですね。

    • さえ より:

      ぱすさん
      大工さんが毎日来るのはちょっとしんどかったけれど、できあがってうれしいです♩
      庭の真ん中にあるのがヤマボウシの木で、今年はいつになく花をたくさんつけました。白い花、いいですよね~
      庭はわたしには広すぎて、雑草だらけです。雑然としているのは、センスがないから(笑)
      まあそれもいいか、自分たちで住んでるんだからと思いつつ。
      これから、庭が気持ちのいい季節ですよね~

CIMG1869

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.