CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

時間の流れを戻す方法

運転中、不意に時間の流れがちぐはぐになった。

まえのまえを走る軽トラがゆっくりすぎる速度で走っていて、まえの軽が抜きあぐねている。田舎道には渋滞はないが、こういうことはままある。しょうがない、と他の道にそれると、そこにもゆっくり走る軽トラが待っていた。それを3度繰り返し、自分のなかに流れる時間の感覚がつかめなくなったのだ。

時間制限がないときならまだしも、ヨガの教室に向かう途中で、余裕を持って出てきたはずの余裕が削りとられていく。

こういうときこそ、気をつけなくてはいけない。

 

急ぐことが苦手で、いつも秒針より微妙に遅く進んでいるわたしの時間。それが不意に、秒針の前を走っていることに気づき慌てる。見えなくなった秒針に、時間の感覚がまったくわからなくなるのだ。停滞しているかのようにも思えるし、猛スピードで過ぎていくようにも思える。しかし慌てて元に戻そうとあせると、ろくなことはない。ただ運転に集中し、気をつけるのみだ。

 

けっこう長く生きてきたので、時間の流れを戻す方法は、いくつか知っている。ひとつは、気が抜けるような音楽をかけること。車のオーディオを、夫が聴いていたサンタナから、サザンの『バラッド』に変えた。それでもこういうときのちぐはぐさは、あとをひく。いつもの自分と違うペースにハマると、抜け出すのは難しい。ズレた音程で歌い出したときに、上手く戻れないみたいに。

 

でも、だいじょうぶ。時間にも間に合い、優しいタイプのヨガひめトレのレッスン1時間を過ごすと、ちぐはぐさは消えていた。緩やかな音楽と緩やかな呼吸。ああ、ここにも秒針よりも微妙に遅く進んでいく時間がある。そう思ったとき、時間の流れはすっかりもとに戻っていたのだ。

 

こうして自分に近いものを集めて、歳を重ねていくのだろう。

好きな食べ物、好きな本、好きな場所、好きな時間の流れ、そして好きな人。そうやって大人も、自分を育てていくのだ。

CIMG4631

ヨガ教室の会場の妙善寺です。ゆったりとした気持ちになるのはお寺だから、ということもあるのかも知れません。

CIMG4633立派な鐘もあります。

CIMG4637お庭には、果林の木がたくさん実をつけて、いくつも落ちていました。大きな実です。優しい淡い黄色ですね。

CIMG4639トイレの写真で失礼します。よくトイレでお香、炊くんです。てんとう虫と葉っぱのお香立て。お香を焚くと、時間の流れがもとに戻る気がします。

CIMG4641同じくトイレに、ツルウメモドキを活けました。可愛い赤とオレンジ色。花を活けるのも、効果的だと思っています。

CIMG4648ウイスキーの樽をリサイクルして作られた時計です。ほかの時計よりもゆっくりと時間を刻んでいるように見えます。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CIMG9620

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.