CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

曲がりきれる速さで

根が臆病である。

何かに一生懸命になりすぎることが、怖い。

夢中になって懸命になって、勢いがつくと止まれなくなって、気がつくと事故っている。これまでそんなことが、何度かあった。

だから臆病になり、慎重になり、ゆっくりになり、一生懸命になりすぎないようブレーキを踏みながら進むのが、いつのまにかわたし流になってしまっている。

どんどんがんがん突き進んでいく人を見ると、眩しいな、素敵だなと羨望のまなざしを向ける。どこか冷めてる自分を淋しく感じ、臆病にならず、もっとわたしも、とも思う。思うけれども、やはりブレーキを踏んでしまう。淋しいけれど、それがわたしなのだ、とも思う。

 

そんなことをいつになく考えていたら、蕎麦屋でこんな言葉を見つけた。

走りすぎて 飛ばし過ぎて 曲がりきれないんだ

筆で描いたようなその文字は、カウンター上段の棚に並んだ焼酎に貼られたラベルにあった。他にも、いろいろな言葉があったのに、わたしにひっかかってきたのは、その言葉だった。

 

「曲がりきれる速さでいきなよ。それが、自分にあった速さなんだよ」

鴨南蛮をすすりながら、そう語りかけてくる焼酎のラベルを何度も見上げる。わたしなりの「ペース」というものがようやく見えてきた気がした。

CIMG6080鴨南蛮蕎麦が美味しい季節ですね。

CIMG6081こんな感じで、焼酎の瓶が並んでいました。

CIMG6074これは、きのうの朝の富士山。不思議な形の雲が朝焼けに染まっていました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CIMG9620

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.