CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

気功整体に行って

顎関節症の痛みのことを話したら、友人が「痛みがとれる」という整体を教えてくれた。隣りの隣りにある甲斐市の気功整体だ。

「すぐに痛みがとれるから、リピーターや口コミのお客さんが多いみたい」

「気功整体って?」

「”気”を入れて痛みのもとを飛ばすらしいけど、そういうの信じられない方?」

「うーん。方法より、痛みがとれるんならそれでいいかな」

そんなふうにして、行ってみた。

 

そもそも、”気”って、特別な人(超能力者のような)にだけ使えるものなのかな。それとも、背中をさすると少し楽になる〈手当て〉とか、おむすび食べると元気湧く〈ハンドパワー〉みたいな、普通にみんなが持ってるもの?

 

気分は半信半疑だが、1度目にはほぼ口が開けられるようになり、2度目には痛みがとれた。「これから”気”を入れます」と言われても、何も感じることはなく、ただただ不思議だが痛みがとれれば、願ったり叶ったりだ。

 

そして驚いたのは、左腕の痛みもだいぶ楽になり、気持ちが軽くなったことだ。

左腕はたいした痛みではなかったが、数年前に五十肩を患ったときの痛みとよく似ていて、もしやふたたび五十肩になってしまうのでは? と不安だった。

痛みと一緒に、その不安がとり除かれ、ホッとしたのだ。

考えてみれば、”気”と同じく”心”だって見えない。けれど、心があることを疑う人はまずいないだろう。”気”も、そういう種類のものなのかも知れない。

しばらく定期的に通い、すっかり元気になりたいと思う。

CIMG1533ハンドパワーつながりで、最近のネイルです。

CIMG3524秋真っ盛りですが、軽く明るい感じにしたくて更新したネイル。ネイルのカラーやデザイン選びも、体調や気持ちの持ち方によって変わってきますね。

frozen shoulder(五十肩)になってから聴こえるようになった「右手くんと左手くん」の会話は → こちら

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

  1. papermoon より:

    さえさん、おはようございます!

    顎関節症や左腕の痛みが無くなって良かったですね。
    《気》を入れてもらっても見えないだけに実際に症状が良くなるまではちょっと半信半疑になってしまいますよね。
    今、気功に興味があって習ってみたいなと思っていたところです。
    知り合いで長いこと気功を習っている人がいるのですが、成果があったようで最近は《気》を出せるようになったとか。
    そして枯れかけの植物に毎日ハンドパワーで《気》を入れていたらなんと花が咲いたそうです。

    新しいネイル、少し変わったデザインですね。
    でも明るい色なので気持ちがパッとしそう♪

    • さえ より:

      papermoonさん
      おはようございます♩
      ありがとうございます。だいぶ楽になりました。
      ”気”を入れてもらってるっていう感覚がぜんぜんないから、うーん。ほんと半信半疑でした。
      気功、興味がおありなんですね。
      気功整体の先生は、70代の男性なんですが、お弟子さんが何人もいるそうです。
      習えば誰でも使えるようになるものなのかな~?
      それこそ”気”合でがんばれば、ものにでもるかも(笑)
      不思議なわからないことって、きっといっぱいあるんでしょうねえ。
      枯れかけた植物にも、人間の”気”が通じるんですものね。すごいですよね~
      ネイルを変えると、気分も変わります。明るく軽くなりました♩

CIMG6581

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.