CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

記憶のトリガーポイント

記憶というものは、気づかないような場所にトリガーポイントを持っている。

 

例えば、夕暮れというにはまだ早い時刻、山並みを遠目に眺めながら散歩しているとき、ふと思う。

「ああ、東山魁夷の絵のようだな」

そして、もう何年も思い出すことのなかった友人の顔を不意に思い出し、ああ、彼女は東山魁夷の絵が大好きだったっけ。久しぶりに、連絡してみようかな、などと思ったりする。

 

また例えば、たまたま入った店で流れていたビリー・ジョエルのメロディに、なつかしく思い出す。高校の頃、あの子に教えてもらって、よく聴いたなあ、彼女、笑顔がとっても素敵だったな、とか。

 

また例えば、道端のたんぽぽを見て、そういえばと思い出す。中学の頃、何かで見つけたたんぽぽが出てくる詩を友達に見せたら、それが気に入った彼女は、長文にもかかわらず薄いピンクの下敷きに鉛筆でかき写したっけ。

「どうしてまた、下敷きに?」驚くわたしに、

「いいじゃん。そうしたいから」と、彼女は平然と答えたなあ、とか。

どんな詩だったのか、今ではすっかり忘れてしまったというのに、そのときの彼女の照れたような気どったような口調は、ありありと思い出すことができる。

 

風景にも、音楽にも、本や映画、ひと言の言葉にも、食べ物にも、たぶんトリガーポイントは、存在感を持つことなくひっそりと隠れている。

そして、花を見て思い出すシーンも多い。

花は、毎年咲き、そのたびに記憶の波は打ち寄せる。繰り返し、繰り返し、同じ出来事を思い出しているのかも知れない。そしてまた、思い出したときの気持ちや風景が、そこにプラスされていく。

 

思い出してなつかしく微笑むようなことも多いが、思い出したくないこともまた多い。けれど、このトリガーポイントの多様さと奥深さには、どうにもままならない。生きていくことって、そうして波がひき、また打ち寄せる、繰り返しのようなことなのかも知れないなあ。

CIMG5117道端に咲く、たんぽぽ。寒さ厳しい明野ではまだ、ほとんど見られません。

CIMG5125ホトケノザは、満開です。透明感のある紫がきれい。

CIMG5107

ふきのとうもあちらこちらで、花を咲かせています。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CIMG5538

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

随筆かきます。

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.