CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

赤いパンツ?

「パンツ」という言葉に、いまだ違和感を覚えるのは、わたしだけだろうか?

下着ではなく、脚衣、すなわちズボンが「パンツ」と呼ばれるようになり久しいが、長く使ってきた言葉の意味に縛られ、不自由している。

 

このあいだ友人に、パチンコに行くときにだけ赤いパンツを履くという女性の話を聞いた。このパンツは、下着の方だ。勝負パンツである。

また、赤い下着をつけると体温が上がるという話を、違うところで聞いた。

 

去年、申年で下着メーカーが売り出した名残りがまだ残っているということか。

「病が去る(サル)」という語呂、そして「赤」は病気を防ぐ厄除けの言い伝えがある。それで言われるようになったのか、申年に赤いパンツを履くと下(しも)の世話にならないとか、申年に娘に赤い下着をプレゼントしてもらうと寝たきりにならないとかの迷信も聞いたことがある。

かく言うわたしも20数年前の申年、迷信など信じないと思っていた母に「赤いパンツが欲しい」と言われ、プレゼントしたことがあった。

母は今年83歳になったが、寝たきりになることもなく元気だ。

 

で、「パンツ」である。

「ズボン」とか「スラックス」という古臭い名を使う気にはなれないが、「パンツ」と口にするたびに居心地の悪い気持ちになる。

「新しいパンツ、買おうかな?」

そう聞いて、どっちのパンツ、思い浮かべますか?

CIMG5183去年買った紺のコーデュロイのパンツは、とても穿きやすくって気に入っています。けっこう普段使い。写真だとわかりづらいけど、赤い線が入っています。

CIMG4668今年買ったワイドパンツも、穿きやすくってあったかい。パンツもそうだけど、ガウチョとかスカーチョとかスカンツとか、もうわけわかんない(笑)

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

  1. papermoon より:

    さえさん、おはようございます♪

    そうですよね、いつの間にかズボンのことがパンツと言われるようになってましたよね。
    私も違和感を覚えた組です(笑)
    それに今はパンタロンという言葉もあまり聞かないような気が。
    時代によって呼ばれ方が変わってきているものってかなりありますよね。
    スパッツもいつの間にかレギンスと呼ばれていて驚いたこともありました。
    スカーチョ、スカンツは初めて聞きました!
    ワイドパンツは苦手なせいか、ガウチョパンツは長いことガバチョパンツだと思っていました(笑)
    さえさんのコーディネイト、素敵です。
    帽子が可愛い♪

    • さえ より:

      papermoonさん
      おはようございます♩
      ですよね~仲間がいてうれしいです♡
      パンツの語源はパンタロンに近い言葉のようです。
      日本語に変換したときのムリムリ感が、ときとして歪を起こすんでしょうね。
      そうそう、スパッツって名前は命が短かったですよね~レギンスですね。
      わたしも、ガウチョパンツ、ガチョウパンツって言っちゃうんです(笑)
      コーデというほどではありませんが、お褒めいただいてありがとうございます♡
      夫が撮ってくれたんですが細く見えて(笑)気に入ってます。

  2. ぱす より:

    こんばんわ!
    さえさん、とてもスリムですね♬
    後姿もとても素敵。メンテナンス効果、バッチリですね!
    ズボンで、私もいいと思います。

    ガウチョパンツは、この冬も愛用しています。
    ワイドパンツとどう違うのかな~と思いながら、裾の広がり具合と、丈の長さでしょうかね。
    もう、キュロットなんて、言ってはいけませんね!(笑)

    お庭でしょうか?冬枯れの景色。
    こんな風景もまた素敵ですね。

    • さえ より:

      ぱすさん
      こんばんは~♩
      スリムですか~ちょっと細目に映ってます(笑)うれしい♡
      ズボン世代ですよね~
      キュロット!なつかしいけど今は言わないんですよね。
      写真、庭が見えるウッドデッキの上で夫に撮ってもらいました。
      落ち葉も片づけてないんですが、このまま年越しそうです~

  3. ユミ より:

    そうそう、私も去年申年に赤いパンツを、母と義母、主人と自分の分を買って、それぞれに渡したんでした。
    私は自分のを、赤の水玉にしたんですが、私もいざという時に勝負パンツとして履いてみようかしら?
    どんな勝負なんやろう~(笑)
    私は正直、パンツというと下着を連想する世代・・・って世代のせいにしてますが、パンツと言われるようになったのも、papermoonさんのように知らぬ間に・・・って感じです。
    無理してズボンの事を、人前ではパンツなんて言ってますが。(^^ゞ
    私はワイドパンツが楽チンで体系隠れるので、最近はワイドパンツばかりなんですよ。
    ガウチョパンツって、私がたぶん高校生くらいの時にも今と同じようなデザインで同じ名前でありました。
    流行は繰り返されるのですね~

    • さえ より:

      ユミさん
      ユミさんもですか~それもご主人にも?男性にって初めて聞きました。
      でも男性用下着売り場も今はカラフルですよね~
      「パンツ」って人前ではなかなか言いませんが、それと同じくらい「ズボン」とも言いません。
      中途半端な世代なんでしょうねえ。
      ガウチョパンツ、ユミさんが高校生の頃にあったんですか?
      たぶんわたし中学生だったけど、お洒落にうとくて…聞いたことなかったなあ。
      ワイドパンツ、楽ちんですね~♩

CIMG9620

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.