CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

2階の窓から行き交う人を眺める日

毎日楽しんでいる「ペペペ日めくりカレンダー」に”2階の窓から行き交う人を眺める日”というのがあって、夫のカレンダーの5月、ヴェネツィアの写真とシンクロしていておもしろかった。

 

道行く人は、ほとんど上から見られていることになど気づかない。だから、人の自然な姿を目にすることも多い。しかし、上を向いて歩く人もいないので表情は見えない。

見えるのは、身体から、その人全体から放たれる喜怒哀楽やエネルギーのようなものだけだ。

 

そんなまったく知らない誰かの瞬間を切り取って眺めるのは、いくつかの人生を手のひらに乗せてぬくもりを確かめているかのようでもある。

そしてそれは、こちらの心の温度によって違って見えてくる。

ヴェネツィアの窓の下にいた人たちは、今頃どうしているだろうか。

これが「ペペペ日めくりカレンダー」。

こちらが、yasuo maedaのカレンダー。

6月は、ポルトガルのポルトです。

最近好きだった「ペペペ日めくりカレンダー」。

気持ちよさそう。

こういう瞬間っていいよね。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ユミ より:

    ペペペ日めくりカレンダー、ほっこりさせられますね~
    さえさんが、過ぎた分のカレンダーを破ってないって聞いてから、
    私も3月16日からは破らず、向こう側に倒す形でめくっていっています。
    今日は元気をもらう日でしたね。
    ご主人様のカレンダーも、6月の写真は大好きです。
    あっという間に一年も半分終わりますね。
    後半はどんな半分になっていくんでしょうね。

  2. さえ より:

    >ユミさん
    毎日ほっこりさせられますよね~
    「元気をもらう日」
    ユミさんのコメントの方がめくるより早かったです♩
    なんのスープかな~♡
    夫のカレンダー、6月はポルトらしい落ち着いた色あいだけどカラフルで、わたしも好きです。
    いろいろいつもと違った半年でしたが、あっという間だったのは同じかな。
    後半はどんな半年になるんでしょうね。
    いいことあるといいですね。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.