CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

花と木, 生き物, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2020.07.18

カクテルパーティ効果

多くの声が響く場所で、自分が欲している情報だけを拾い集める能力を「カクテルパーティ効果」と呼ぶそうだ。パーティーなど...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2020.06.11

アンラッキーか?ラッキーか?

少しまえのことになるが、愛車のタイヤがパンクした。取材に向かう途中、突然車が警告を出した。「タイヤの空気圧を確認して...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2020.03.22

まっさらな1日を

3週間の在宅勤務を経て、来週頭には全員が出社することになった。まだまだ情勢次第でどうなるかわからないけれど、すべてを...

続きを読む

日々の暮らし, 雑感 2020.03.12

3.11リモート追悼グラファシで想う。#離れていても追悼できる

東日本大震災が起こってから9年目となるきのう、「3.11リモート追悼グラファシで想う。#離れていても追悼できる」に参...

続きを読む

, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2020.03.04

目に見えないもの

月曜の朝は、濃い霧に包まれていた。普段は目に見えない空気のなかの水滴が霧となり、こうして見えている。不思議だ。考えて...

続きを読む

夫婦, 親子, 日々の暮らし, 家族のこと, 雑感 2020.01.18

25年前を思い出してみました

きのうは1月17日。阪神淡路大震災から25年が経つ。夫が会社を興したのは8月。その年、末娘が10月に生まれ、家族5人...

続きを読む

日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2019.12.12

石の未来、石の過去

居間に落ちていた小さな石のかけらを拾い、ふと思い出した。小学生の頃、15分ほどの道のりをよく石を蹴りながら下校した。...

続きを読む

ドラマ, 日々の暮らし, 雑感, 鑑賞 2019.10.19

ラザ・ウォークで

始まったばかりのドラマ『G線上のあなたと私』を夫と観ていて、ふたり一緒に声を上げた。「ラザ・ウォーク?」冒頭のシーン...

続きを読む

日々の暮らし, 雑貨, 雑感 2019.08.25

数字の温度

「えーっ、切手また値上げ?」郵便局からの通知を見て思わず声を上げたが、単に消費税が10%に上がるだけのことだった。よ...

続きを読む

日々の暮らし, 雑感 2019.07.12

間違いスタンプは海を越えて

「わ、間違えた!」LINEスタンプでは、よくあることだ。しかし、スタンプひとつタップしたわけじゃない。娘あてに、初め...

続きを読む

日々の暮らし, 雑感 2019.04.22

2つの橋

橋を渡ろうとしていた。橋には雪が3センチほど積もり、細い自転車くらいの轍から凍っていることがわかる。手すりというか防...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2019.04.03

改ざんされる記憶

記憶というモノは、少なからず改ざんされるものなのだと知った。むかしよく通った町内の道を、久しぶりに運転した。そこは除...

続きを読む

花と木, 日々の暮らし, 雑感, 田舎で 2019.04.02

通過点

新元号が発表された。「令和(れいわ)」「和」は、好きな漢字だ。和やか(なごやか)と読むのがいい。「令」は、凛とした雰...

続きを読む

日々の暮らし, 雑感 2019.02.10

寝ころんだ数字の6

JR韮崎⇔甲府間は、各駅停車では、時間にすると10分ほど。あいだに塩崎、竜王と2つの駅に停車する。その通過する塩崎駅...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.