CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

内弁慶

「そこ、頭ぶつけそうだから、わたしがやるよ」

夫に言った途端、頭をぶつけた。

夫の頭ではない。ぶつけたのは、わたしの頭だ。

「痛い!」

声に出さずにはいられないほど、痛かった。相手はコンクリートだ。

「頭ぶつけた!」

言わなくてもわかることだが、口にせずにはいられない。

「絶対、血が出てる!」

騒ぐわたしをよそに、夫は呆れた顔で淡々と小枝の束を運ぶ。

家の北側の軒下に、いただいた小枝の束を運び込んでいた。軒下は1mちょっとの高さで、立ったままでは入れない。頭をぶつけないように、かがんで作業しなければならない。それはわかっている。わかっているから、夫に声をかけた。

ところが、かがんだつもりの自分の頭は、しっかり軒のコンクリにぶつかった。跨いだつもりで畳のへりにつまずくようなものである。

 

しかし自分ひとりで作業していたら、いくら痛くてもこうはいかない。訴える相手がいればこそ「痛い、痛い」と騒げる。騒ぐとけっこうすっきりする。自分の間抜けさを共有し、笑うこともできる。そしてそれは、家族相手なればこそだ。

 

そう言えば、と思い出した。子どもの頃、学校ではほとんど泣かなかったし弱音すらはかなかったが、家ではよく泣いていた。頭ぶつけたとか弟とケンカしたとか、些細なことだ。

痛みがひいてきた頭をさすりながら、考えた。

今もむかしも、内弁慶だってことかなと。それってもしかしたら、しあわせなことなのかもと。

小枝と合わせると、軽トラ一杯分いただきました。

美しく揃えて切られた焚きつけ用の小枝たち。職人仕事ですねえ。尊敬!

で、この上のコンクリに頭ぶつけました。まだ痛い~でも傷にはなっていませんでした。とほほ。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.