CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

青い長靴

雪掻きは、けっこう汗をかく。

最初はダウンパーカーに毛糸の帽子、手袋など重装備でしっかり身を固めて始めるが、すぐに暑くなりダウンを脱ぎ、帽子をとり、セーターまで脱いでしまうことすらある。単純作業の繰り返しだし、雪は重い。かといってエクササイズにちょうどいいというわけでもない。下手すればすぐに腰を痛める。

 

先日雪掻きしたとき、何年も履いていた長靴のゴムが劣化していて、つま先が濡れ、冷たい思いをした。身体は暑いのに、つま先だけ感覚がなくなるほどの冷たさだ。たいした雪ではなかったので、自分の身体優先にして切り上げた。

そしてきのう、新しい長靴を買った。

 

お隣り韮崎市のショッピングモールの靴屋には、入り口横に長靴がずらりと並んでいた。雪で慌てて長靴を買いに走るわたしのような客も多いのだろう。

カラフルなものもたくさんあったが、求めるものは実用性。しっかりした長さ、分厚さ、軽さ、履き心地などを見ながら選ぶ。

すぽっと足を入れた途端、その気持ちよい感覚に少々戸惑った。

 

そして、思い出した。息子が2歳の頃だったか、青い長靴が好きでよく履いていた。運動靴もあるのに、よく晴れた日にも長靴を履きたがり、母親一年生だったわたしは、何度も彼を説得しようとした。長靴より運動靴の方が足にフィットし危なくないのだと。だが彼は頑固に長靴を履き続けた。忘れてしまったが、たぶん穴があくまで履き続けたのだったと思う。

「この、すぽっと足が入る感覚が好きだったのかな?」

今となっては、そのときの彼の気持ちはわからない。息子自身、青い長靴のことすら覚えていないだろう。

もっともっと、子どもの「好き」という感覚に寄り添って見つめてみればよかった。最近になって不意にそう思うことがある。

CIMG6601ダークブラウンのしっかりした長靴です。

CIMG6599軽くて分厚くて暖かく、滑りにくいです。

CIMG6590これはきのうの八ヶ岳。雪も日当たりのいい場所はだいぶ溶けました。

CIMG6595頂上付近にまとった雲が、地吹雪のようにも見えますね。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.