CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

いかなごのくぎ煮

神戸に帰省すると、たいていいかなごのくぎ煮を買って帰る。

夫にとっては故郷の味。いや、もう結婚して33年も経てば、わたしにとっても故郷の味なのだろう。

しばらくは、朝食に楽しめる。

関東の佃煮よりも甘くなく、醤油がしっかり効いている。生姜の香りも食欲をそそる。大好きな味だ。

 

そのいかなごを食べるとき、いつも思う。

大切に食べよう、と。

小さな命がたくさん詰まっているのだから。

 

食べ物を残すのは大嫌いで、もちろんお米や野菜も残さずに食べるようにしている。けれどいかなごを食べるとき、あらためて命というモノを再確認する。

「何にせよ、大切に食べなくっちゃいかん」

いかなごのくぎ煮は、そんな気持ちを思い起こさせてくれる。

小さなパックだと、このくらい入っています。

きのうの朝ご飯です。茄子とモロッコインゲンは、いただきもの。

ご飯と合うんですよね~♩

 

☆シミルボンからお仕事をいただいてかいた原稿第2弾をアップしました。

「本で、誰も、ひとりにさせない。」という企画です。

【”おまえは冷たい人間だ”という呪縛から逃れるために】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    イカナゴの釘煮美味しいですね。
    その家によってお味が違うのだとか。
    さえさんが書いておられるように、佃煮よりも甘くなく、醤油がしっかり効いている。生姜の香りもいいですよね。
    頭から尻尾まで食べられるありがたい食べ物ですよね。
    ご飯のお茶碗がまた私好み、とっても素敵ですね。
    こういうお茶碗にふんわりと盛られているご飯を見るととってもしあわせです。

    • さえ より:

      >hanamomoさん
      いかなごのくぎ煮、美味しいですよね~♩
      この醤油の濃さと旨みが巻頭にはない感じなんですよね。
      ほんと、ありがたい食べ物です。
      お茶碗、気に入っていただいてうれしいです。
      まあるいものって、何気なく使っているうちに心もまあるくしてくれているのかもしれませんね。

  2. ぱす より:

    さえさんも、故郷の味に思っておられるのですね。
    いかなごは、私も、そう思えるようになりました。
    月日って、そういうことなのですね。
    徳島から、淡路島を経た神戸入り。
    とてもいい、アイデアですね!

    • さえ より:

      >ぱすさん
      ぱすさんもそうですか~うれしいです♩
      ほんと、月日ってそういうものですよね。
      結婚してからの方が長く暮らしていますものね。
      徳島への飛行機は、マイルも使えたし、新幹線だと3時間かかるところが1時間。お得で楽ちんでした。
      淡路島、また行きたいな~♩

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.