CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

うなぎパイ

先週、突然訪ねてきた夫の友人に、静岡銘菓「うなぎパイ」をいただいた。

お墓参りの途中、立ち寄ってくれたそうだ。

 

有名なお菓子だけに、昔食べたこともあり、また思い込みというものもあった。

細長いパイってだけで、まさかうなぎなど入ってないのだろうと思っていたのだ。しかし、しっかりこう記載されていた。

バターを豊富に入れたパイに、うなぎの粉、夜の調味料ガーリックを配合し、日本茶にも、コーヒー、紅茶にも合い、あなたの暮らしに微笑みのひとときを与えるお菓子です。

「入ってたんだ、うなぎ」

長いこと勘違いしていて、申し訳ありません。うなぎパイさん。

 

入っているとなると、バター風味でパリッとしてるなんてぼーっと食べてちゃ、チコちゃんに叱られる。

うなぎを味わうぞ、と意気込み、じっくりとうなぎの味を探しながら、うっすらにんにくが香るパイを楽しんだ。

昔ながらのデザインなんでしょうねえ。なつかしい感じ。

この子の表情が、なんとも可笑しい。

珈琲といただきました。

開けたときに割れちゃって、くやしい。

浜松の「うなぎパイファクトリー」には、こんなのもあるそうです。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    こんばんは。
    私もいただいたことがあります。
    美味しいですね!
    うなぎのかたちだけじゃなくて、しっかり鰻が入っているようですね。
    パンフレットの男の子、だいぶ前のお子さんかな~。
    パッケージもレトロですよね。

    お皿とカップも素敵ですね!
    秋田にはハタハタパイがあります。
    ハタハタを寝かせて熟成させて作った魚醤 しょっつるが入った甘じょっぱい味です。

  2. さえ より:

    >hanamomoさん
    おはようございます♩
    歴史ある銘菓は、食べたことある人も多いですよね。
    夜のお菓子というコピーを考えた人は、ユーモアのセンスがあったのでしょう。ロングセラー商品には、いろいろな人の素晴らしいお仕事の成果が見えるようですね。
    お皿とカップ、褒めていただいてありがとうございます。
    お皿は若い友人にいただいたもので、カップは沖縄のやちむんです。
    ハタハタパイ!
    一度食べてみたいです!

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.