CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

お家で「松竹園」

夫の神戸の友人で、毎年美味しいお肉を持ってバーベキューにやってくる「松竹園」の焼肉をお取り寄せした。

届いたのは、アバラ(カルビ)、ハラミ、ハツ、ミノ、タンで、タレも漬けこむ調味ダレと卓上でつけて食べるつけダレの2種類ある。

さっそく、お家で「松竹園」だ。

「今夜は、肉だけでいいね」

と、あり合わせの野菜を用意し、薪ストーブで炭をおこし、卓上七輪をセッティングした。

 

焼き始めると、口をついて出たという感じで、夫が言う。

「松竹園の味だ」

「ほんとだ。うちの塩振って焼いてるだけなのに」

最初に焼いたのはタン塩で、ついていたタレも使っていない。それなのに、たしかに松竹園の味がした。肉はさばき方でまったく味が変わってくるというから、ほかの焼肉屋で食べたものと違うのだろうが、舌がきっぱり覚えていたことに驚く。

次に、アバラをタレに漬けて焼いた。

「これはもう、松竹園の味だ」

「松竹園そのまんまだね」

秘伝のタレだそうだ。ほかでは味わえない。

「ビールも、松竹園にいるみたいにすすむなあ」

わたしの言葉に、夫がツッコミを入れる。

「それは、言い訳だな」

 

こんなふうにお家で「松竹園」の夜は更けていった。

なかなか帰れない神戸に、しばしワープした夜だった。

二人前でとオーダーしました。アバラ(カルビ)、ハラミ、ハツ、ミノ、タン。約半分で、これくらい。ふたりでぺろりといただきました。

まずは、タン塩レモンから。

アバラを、タレと塩とで。

ミノを塩レモンで。タレに漬けて焼いてもイケます。

ハツって、こんなに美味しかったっけ?

ハラミです。タレがまた最高でした。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.