CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

これも我が家の味

「これ、食べてみて。美味しいんだよ」

客人を迎えたときの朝食に、こんなふうに出すことがある佃煮は、じつはふじっ子煮である。

 

ふじっ子煮の生姜こんぶが、夫婦ともに気に入っていて常備している。

生姜好きのわたしたちならでは家と思えば、ふじっ子煮の佃煮のなかでも売り上げナンバーワンだそうだ。

 

毎朝食べる朝ご飯には、近所の田んぼで1年分分けていただいた米を土鍋で炊き、きのこや野菜や豆腐などをいく種類か合わせた味噌汁を作る。目玉焼きは焼きたて熱々を食卓に出すようにしている。大根の酢漬けや野菜を添えるのも忘れない。

毎日食べるもので、人は作られていくと思っているからこそだ。

身体にいいもの。手作りのもの。

しかしそれ以前に大切にしているのは、美味しいものだ。

手作りじゃない、こんな我が家の味があってもいい。

ふじっ子煮の生姜こんぶ。これが美味しい♡

残り物の鶏たたき鍋の朝ご飯にも。

白いご飯に欠かせない美味しさ。

繰り返し作っている石田ゆり子の納豆オムレツの朝ご飯にも。紅しぐれ大根の酢漬けも残りわずかになりました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    こんばんは。フジッコの生姜昆布、我が家も時々買います。
    辛すぎず、甘すぎず美味しいですよね。
    違うメーカーのを買うと甘くて口に合いません。
    納豆オムレツ美味しそうですね。

    我が家の赤かぶの酢漬けもほぼ終わりになりました。
    春が近づいていますね。

  2. さえ より:

    >hanamomoさん
    おはようございます。
    美味しいですよね~これ。
    味覚が一緒でうれしいです。
    納豆オムレツ、最近は納豆ひとパックに卵2個を焼いて夫と半分こにしています。
    hanamomoさんのところも、酢漬け残りわずかですか?
    春も近いと思いつつ、おたがい冬が長い土地に暮らしているので、待ち遠しいですね~

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.