CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

こーゆーの、ありますか?

カンヌンでは、何も調べず歩いてなんとなく入った店で食事した。

穏やかな天気で、パラアイスホッケー観戦も寒さは苦にならなかったのだが、夕食、鍋を食べようと入った店はオンドル(床暖房)が効いていてホッとした。身体の芯は冷えていたのだとようやく気づく。

 

そして翌朝の朝食は、お粥でも食べたいねと店を探し、歩いた。

しかし入った店には、英語のメニューもなさそうだ。英語か写真のメニューはないかと夫が英語で訊ねると、店のオモニは困った顔をした。

そして、6人ほどで食事していた学生らしき男性たちに、何やら話し始めた。通訳できないかと頼んでくれたらしい。

「Can you speak English?」「a little」「me too」

夫と一人の学生さんが、話始める。

わたしはガイドブックの写真を見せ、サポートしようとするが、英語は出てこないから通じなくとも指さし日本語だ。

「こーゆーの、ある?」

すると、学生さん。

「こーゆーのは、ないです」

日本語で答えた。ほかの学生さんたちも、口々に「日本語?」「そーゆーのは、ないよね」「お粥もないです」などと話し始めた。

「なんだ。日本語話せるの? 英語じゃなくて」

「少しなら」「辛いの、だいじょぶ?」

夫は苦笑している。

結局、彼らが食べていたなかから2つを注文し、プルコギと骨付き牛肉の辛みスープ(のようなもの)を美味しくいただいた。愉快な体験だった。

 

田舎町のごく普通の食堂。やわらかい笑顔のオモニと、そこに通う学生さんたち。韓国の「日常」をちょっとだけ味わえた気がした。

CIMG8454夕食を食べたお店です。水槽の魚出してくれるんだよね? と相談をまとめ、入ってみました。

CIMG8448イメージ通りだった海鮮チゲ鍋。豆腐も入ってるからスンドゥブチゲ?

CIMG8464朝食を食べたお店。柱横のドアが入口です。

CIMG8457熱々のプルコギ! ご飯を入れていただきました。

CIMG8460夫のももらってご飯にかけて。酸味の効いた辛さがたまらなく美味でした。

CIMG8462夫のは左の上から2つ目。プルコギは同じく左の7つ目。ハングル、最後までさっぱりわかりませんでした。ちなみに朝食ひとり7000ウォン(700円)。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.