CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

たかが15分、されど15分

時間というものは、簡単に伸びたり縮んだりはしないと思っていたのだが、この春から早起きする日の朝の時間が伸びた。

 

春のダイヤ改正で夫の出勤時間が15分遅くなったのだが、不思議なことに会社に着く時間は変わらないという。家を出るまでの時間が伸び、特急あずさに乗っている時間は縮んだわけだ。

15分遅く起きてもいいのだが、春になり夜が明けるのも早い。変わらず5時半に起き、6時に朝食を食べ始めることにする。家を出る時間だけが、6時45分から7時ちょうどに変わった。

 

朝食を食べ始めてから、ぴったり1時間後に出かけることになる。

たった15分の違いだが、これが間延びしたようにのんびりする。同じことをする時間を少しずつゆったりと気分で過ごせるのだ。さらにわたしは、洗い物を片づけてから出られるようになった。

 

こんなことならもともと5時15分に起きていればとも思うのだが、その15分が惜しい。冬は5時半でも真っ暗だ。そして来シーズンの冬、じゃあ5時45分起きでいいかという話にはたぶんならない。このゆったり時間を体験してしまうと、もとには戻せそうもない。

来春のダイヤ改正が、もとの時間には戻りませんようにと、朝の時間を楽しんでいる。

朝ご飯は、たっぷりのお浸しと納豆にお味噌汁。

でこぽんとヨーグルトも、ゆっくりといただきました。

お浸しは、のらぼう菜。家庭菜園をしているご近所の方にたくさんいただいて。

15分などものともしない、きのうの朝の八ヶ岳です。

足もとには満開のスノーフレークが、揺れていました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.