CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

つくね

最近、つくねだ。

なんとなく作って失敗したのが、きっかけだ。まったくダメというほどではなかったが、やわらかすぎて歯ごたえのようなものが感じられず、リベンジを誓った。しかし2度目はタレがしょっぱすぎた。ふたたびリベンジを誓った。それからいまだ、これというレシピに辿りついていない。

なので焼き鳥のある居酒屋などに行くと、ついつくねを頼んでしまう。味わいながら、違いを探す。変なところで負けず嫌いなのである。

 

そうしているうちに、自然とつくねのとりこになっていた。

焼き鳥のなかでもさほど好きではなかったはずのつくねが、今では焼き鳥大好きランキング1位を獲得している。ちなみに2位はレバーで、3位はヤゲン軟骨だ。

負けず嫌いが発端で、つくねの美味しさに気づけたというのも不思議だが、焼き鳥はそれだけ深い肴なのだろう。

 

お家ご飯では、いまだ納得のいくつくねは作れずにいるが、ゆっくりのんびり挑戦していこうと思う。

CIMG2133カギロイで食べた、絶品のつくねです。

CIMG2398大手町駅、ビルの地下『やきとり宮川』で。赤山椒が美味しかった。1位、2位、3位、揃っています(笑)

7a4c91304f9f242e02ff74a7ed559d4f駅弁も、つくね入り。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.