CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ふくらむ、ふくらむ

ホシノ天然酵母のパンは、常温で時間をかけ発酵していく。

20℃なら15時間、ゆっくりゆっくりふくらんでいく。

その静かに時針のように見えない速さでふくらんでいく様子が、とても可愛い。

キッチンでのぞきこんでは、微笑んでしまう。

 

パン生地に入れる酵母も、24時間28℃で発酵させなくてはならず、28℃は難しいので暑い日を選んでたまに手のひらで温めたりした。

「寒い? 温めてあげるね」

そう声をかけつつ温めていたら、夫に笑われた。

 

この動くものを擬人化してしまう心理。

自分でも不思議に感じるが、静かに静かに成長していくパン生地に、胸ときめかせ2~3日ごとに天然酵母のパンを焼く日々である。

発酵途中、10時間ほど経ったところ。15時間後と考えると、パンをこねるのはどうしても夕食後になってしまいます。

13時間だけど、2.5倍になったらOK。暑い日でした。そして焼くのは、お昼間。

平らに伸ばして、ガス抜きをします。

こんなふうに空気が入っているのを押し出します。

ふたたび小さくなった生地に布巾をかけてベンチタイム。これを30分ごとに2回。

オーブンの発酵機能35℃で、1時間発酵後。

200℃に余熱したオーブンで、30分焼きます。途中、うちのオーブンだと上の方が焦げてくるので、アルミホイルをかぶせて焼きました。

パンの底をたたいて、ポンッと軽い音がすれば焼けています。スイカみたい(笑)

焼き上がりはそんなに美味しそうに見えなかったんですが、これまででいちばん美味しいと、夫が絶賛。バターたっぷり目のホテル食パンに近い感じの生地です。

翌朝のご飯。軽くトーストすると、パリッとした食感がまたいいんだな。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.