CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ぶどうの緑茶

2泊して帰っていった娘の友達に、手土産にと「ぶどうの緑茶」をいただいた。「ラ・フランスのルイボスティー」との目にも綺麗な詰め合わせになっている。

「せっかくだから、淹れようか」

そう言って、封を切った途端、ふわりと葡萄の香りが広がった。

「わ、いい香り!」

自然と微笑みがこぼれる。

こんなに香るとは思わなかった。「驚き」が、胸に広がっていく。こういう瞬間を日常のなかにある小さな「ときめき」というのだと再確認した。

 

娘と彼女が帰って来て、普段の平穏とは違うそんな「ときめき」が、10回どころかいくつもあって、子どもたちと暮らしていた頃を、なつかしく思い出した。

ラ・フランスのルイボスティーは、水出しもOKタイプです。

びっくりするほど葡萄の香り。そして味は、きちんと緑茶でした。

一緒に、お好み焼きを焼きました。

めちゃうまで、いっぱい食べすぎました(笑)

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【紅葉燃ゆる『瑞牆山』カンマンボロン登山に挑戦しました!】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    若い人たちと過すのは本当に楽しくて心ときめきますね。
    息子の友達は息子がいなくてもお土産もって来てくれるんです。
    すぐに帰る彼を引き止めておばさんは1時間も話に花が咲きました。
    ときめく事大切にしましょうね。

    • さえ より:

      hanamomoさん
      若い人たちは、わたしたちの年齢にはないパワーみたいなものを持っているんでしょうね♩
      息子さんのお友達とのおしゃべり、いいですね~
      わたしも、娘が出かけた時間に彼女といっぱいおしゃべりしました。
      何気ない日々のなかにある、小さなときめき、大切にしたいですよね。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.