CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ガーリックハーブチーズ

大玉のレタスと一緒に、パセリをたくさんいただいた。

川上村で働く、夫のチームメイトからだ。

 

「パセリ、大量消費」で検索すると、ガーリックハーブチーズのレシピにたどり着いた。

「買うと高価なので、自分で作りました」とある。

材料は、クリームチーズ100g、にんにく一片、パセリ一束、オリーブオイル少々。

みじん切りにしたにんにくをオリーブオイルで弱火でカリッと焼き、クリームチーズに茎を除いてみじん切りにしたパセリと、混ぜるだけ。

これが、美味しかった。

夫のお墨付きを得たので、備忘録にレシピをかいておくことにした。

 

「買うと高いから、自分で作る」で思い出したのは、台湾へ行ったときのことだ。

外食する人が多いのは、自宅で料理するより安く食べられるからだという。子育ては、おじいちゃん、おばあちゃんの仕事で、働く女性が多く、既婚女性 = 主婦という概念がないらしい。

日本ももし外食する方が安かったら、わたしも毎日外へ食べにいくようになるのだろうか。いや、回数は増えるかも知れないけれど、変わらず家で食べるだろう。

そんなふうに考えて、やっぱりわたしは料理が好きなのだと再確認した。

大玉! 川上村のレタスは、ほんとうに美味しいんです。

パセリ、この3倍くらいありました。これはガーリックハーブチーズに入れた分量です。

簡単美味しいガーリックハーブチーズ。

この美味しさ。お酒がすすんで、困ります。

帆立のカルパッチョにも、パセリたっぷりのせました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.