CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

クロアワビタケ

種類も豊富にきのこ栽培をしている「白州・山の水農場」のきのこをいただいた。

「クロアワビタケ」という初めて聞く名のきのこだ。

令和大嘗祭で、宮内庁へお届けしたきのこだという。

 

夏に美味しいきのこで、山梨らしい新たな特用林産物として〈暑い山梨の夏に、元気に育ったきのこ〉をイメージした「山梨夏っ子きのこ®」の名で売り出している産地が限られた希少性の高いきのこで、アワビのようなコリコリとした食感が人気だそうだ。

「ステーキにすると、美味しいですよ」

言われた通りに、大きいままバターに塩胡椒でじっくりと焼くと、びっくりするほど美味しかった。歯ごたえはもちろんのこと、口に広がるきのこの旨みが濃い。

 

これまで、そうは言ってもいちばん美味しいきのこは椎茸でしょ。2位はなめこ、3位はエノキかな。いやエリンギかブナシメジか、などと思っていたけれど、この日からクロアワビタケがダントツ1位に浮上した。

ちなみに松茸は、高価すぎてあまり食べられないので上位に入ることはない。

しかし白州まで行けば、クロアワビタケは買える値段だということがわかり、椎茸を抜いてめでたくトップの座を奪ったのだった。

(単なるマイきのこランキングです)

 

☆「山の水農場」のオンラインショップは、こちら

パックに入っているときも、きれいなきのこだなあと思いました。クロアワビタケのQRコードから読みとったホームページはこちら

パッケージから出してみたら、まったく迫力が違う!

大きく裂いてバター焼きにしました。味つけは塩胡椒だけ。肉厚で、ほんとうにステーキとも言える味わいでした。

翌日には、天麩羅に。塩でいただきました。これがまた、絶品!

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.