CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ゴーヤと親しくなる

家庭菜園をしていないので、野菜をいただくことが多い。

喜んでいただいて、料理を楽しみ、美味しく食べている。

 

このところゴーヤ率が高く、食べるのが追いつかなくなってきた。というのもゴーヤは採れ立てでもしっかり熟れていることがあり、冷蔵庫で赤くなってしまう。真緑のものでも種が赤くはじける寸前のものもある。夏も終わりの時期だから余計にそうなのだろう。

だが最近はゴーヤを触るだけで、すぐに食べた方がいいか野菜庫に入れておいてだいじょうぶかがわかるようになった。

ゴーヤとずいぶん親しくなったのだなあと、うれしくなる。

 

農家さんはもちろんのこと、家庭菜園をしている方にはあたりまえのことなのだろう。だがたぶん、スーパーで野菜を買うだけの生活をしていたらわからなかったであろうことだとも思う。

野菜もお米も、大地で太陽の光を浴び土の栄養や雨に育てられ、そしてもちろん人が手をかけ実るのだと田舎で育った人はきっと、教わらなくとも知っているのだろうなあ。

取材先でいただいたゴーヤと茄子。採れ立てです。

茄子は翌朝炒めてお味噌汁に入れました。茄子と茗荷だけのお味噌汁大好き♡

採れ立てを冷蔵庫に入れていたけど、翌日切ってみたら種は赤かった。

肉もツナ缶も切らしていたので、さっそく桜海老と胡麻油で炒めたら、これが美味しかったんです。味つけは塩胡椒のみ。

翌朝には、桜海老の味がゴーヤに沁みて、さらに美味しくなっていました。ほぼ植物性のものばかりの朝ご飯。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    こんにちは。
    夏の終わりにゴーヤは種が赤くなっていました。
    私は無人の野菜売り場で2本100円のゴーヤを買って気がつきました。
    直ぐに縦に割って種と綿をとって薄く切って舞茸、エリンギと一緒に炒めました。
    塩胡椒、醤油少しで味付け、これも美味しかったです。
    桜海老も美味しいでしょうね。
    私も少し多くて次の日に食べたらひんやりした炒めものも美味しかったです。

    焼き茄子のお味噌汁に茗荷を刻んで入れるのも大好きです。

    納豆、うらやましい。
    母がクスリの関係で食べられないので母のいる時は食べていません。
    母の大好物の納豆だからかわいそうで傍では食べられないのです。
    納豆に入れた薬味は青ねぎですか?美味しそうだな~。

  2. さえ より:

    >hanamomoさん
    こんにちは~
    やっぱりこの季節、ゴーヤの種赤くなりやすいですよね。
    舞茸とエリンギ、キノコの旨味でゴーヤもまた美味しくなったことでしょうね。
    翌日がまた美味しくて、多めに作って楽しんでいます。
    茄子はこれからますます美味しくなりますね。
    納豆、お薬の関係でですか。
    淋しいですね。お母さまと一緒にがまんしていてhanamomoさん、やさしいなあ。
    薬味は長葱の残った青いところです。前日白髪葱と鶏の和え物をしたので。料理は日々続いていきますの~

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.