CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

セミドライフルーツ

『地球の歩き方』特派員ブログで、セミドライフルーツを紹介した。

『甲斐の恵み』という山梨のフルーツで作ったこだわりの逸品だ。

 

会社のイベントで行った先に売っていて、試食して驚いた。

「こんなに美味しいドライフルーツ、食べたことない!」

お話をうかがってみると、添加物はもちろんのこと、砂糖を使わずそのまんまのフルーツの甘みだけで作っているという。甘いものが苦手。それは自分の弱点だと思っていたが、ホンモノの甘みを嗅ぎ分ける能力でもあるのかも、なーんて思ってしまうほど美味しかった。

 

調べていくうちに、砂糖不使用のドライフルーツは珍しいのだとわかった。長期保存のために砂糖を加えて乾燥させるのが一般的。甘みが少ない果実にも砂糖を加える。逆に砂糖不使用で作れるのは、甘さたっぷりの熟した果実を使うからなのだろう。

いいものと出会うと、それを作る人のこだわりにもまた出会える。

たぶん、普段使っているもの、食べているもののなかにも、多くの人のこだわりが隠れているはずだ。

CIMG1635会社で運営をお手伝いした『スリーピークス八ヶ岳』会場で売っていました。

CIMG2455巨峰です。大きいだけじゃないんですよ。普通のレーズンとはひと味もふた味も違います。

CIMG2460桃もあります。りんごや柿も。葡萄も種類いろいろです。

CIMG2489ラムレーズンは、アイスクリームにかけて。

 

☆『地球の歩き方』特派員ブログ、更新しました。

【山歩きにいかが?お手軽グルメなセミドライフルーツ『甲斐の恵み』】

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    私たちが普段目にして入るドライフルーツはほとんどが砂糖漬けのようなものだと思います。
    巨峰のドライ美味しそうですね。

    私はこちらでとれるいちじくをオーブンでセミドライにします。
    網の下に落ちた果汁は煮詰まり蜂蜜のようになります。
    出来あがったセミドライいちじくはクリームチーズをのせたりしていただきます。
    とっても美味しいです。

    桃のドライも美味しそうですね。

    • さえ より:

      hanamomoさん
      そうみたいですね。あまり食べないので知りませんでしたが、このセミドライフルーツは目から鱗の美味しさでした。巨峰のセミドライは、レーズンとはまったく違う味わいです。
      無花果のセミドライ、いいですね。
      無花果はもともとの甘みが強いから、お砂糖加える必要ないですものね。
      クリームチーズと合わせると、ちょっとお洒落なワインのおつまみにもなりますね。
      桃は、生の桃にはない洋風な香りが印象的でした。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.