CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

タンメン食べて

山梨でも標高600メートルの我が家は、朝夕けっこう冷え込む。

ぎっくり腰もほとんど落ち着いたが、梅雨時の温活は続けている。

7月に入ってから、タンメンを食べ歩いていた。趣味と実益を兼ねた取材&温活である。

野菜がたっぷり摂れる優しい味のラーメン。美味しいよね。

 

タンメンで思い出すのは、やっぱり冬の夜のことだ。

子どもたち、上のふたりが小1と4歳、末娘が生まれたばかりの頃だろうか。

今となっては思い出せないが誰かが風邪をひき、冷たい雨のなか病院に行って、その頃車もなく買い物もままならず、夫の帰りは深夜になることが多く、それでもご飯を作らなくてはならなくて、赤ん坊を抱きながら冷蔵庫を物色し、1個しかなかったインスタントラーメンに野菜をたっぷり入れて煮て、ふたりに食べさせた。それが、タンメンの思い出だ。

なんてかくと、1杯のかけ蕎麦みたいだけど、生活がぎりぎりだったわけじゃない。家事をうまく回すことができなかっただけだ。

 

母親って、たいへんだ。

子どもにインスタントラーメンを食べさせたというだけのことにさえ、罪悪感を覚えてしまう。

若かったなあ。

今なら「そのくらいのこと」と思えるし、もう熱々のタンメンのなかに罪悪感は残っていない。

ネイリストさんから教わった甲府の『福吉』です。

山梨でタンメンならここ! という人が多いとか。

タンメンで平打麺って、珍しいよね? 美味しかった。温まった。

 

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【山梨の美味しいラーメン屋さん〈その3〉タンメンが旨い店4選!】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.