CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ツレヅレハナコさんは、コウペンちゃんさながらに

さらに引き続き『女ひとりの夜つまみ』を楽しんでいる。

「揚げなくてもおいしい!長ねぎの焼き春巻き」を作った。

具は、長葱とクリームチーズと味噌だけ。下ごしらえと呼べるほどのものはなく、揚げ油の用意もいらない。

そして、ツレヅレハナコさんは言う。

ただの野菜でも「春巻きの皮で包んで焼く」だけで、一気につまみ感が増すのです。

たしかに、納得! そしてこれが美味かった。

 

さて。この料理本の魅力は、美味しい料理のレシピであることはもちろんなのだが、ほかにもある。ツレヅレハナコさんの優しいアドバイスだ。例えば。

余力があれば、水で溶いた片栗粉か小麦粉を塗って端を停めましょう。

春巻きの皮を巻きながら、深くうなずく。余力があればってことは、なければやらなくていいってことだ。また例えば。

クリームチーズとみそ。両方入れるとおいしいですが、どちらかだけでもOK。

こうじゃなくっちゃダメってことはないんだよ、と教えてくれている。さらに例えば。

まとめて巻いて冷凍しておけば、さらにお手軽! 凍ったままフライパンに入れ、少し長めに過熱してどうぞ。

そうなのよ。春巻きの皮、余ってダメにしちゃうこと多いんだよね。至れり尽くせりのアドバイスありがとう!

 

ビール片手にひとりキッチンに立ちながら、和むんだよね。まるで本のなかに、何でも肯定してくれる「コウペンちゃん」がいるみたいなんだもん。

材料は、春巻きの皮、長葱、味噌、クリームチーズ、オリーブオイル。

斜めに切った葱とクリームチーズを味噌を塗った春巻きの皮で巻いて、オリーブオイルで焼くだけ。簡単!

わーい! パリッと焼けた♩ なかはとろーり熱々。

「香るエール」のグラスを凍らせて、でも中身は「のどごし生」(笑)

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.