CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

パプリカのロースト

ずっと憧れを持っていたパプリカのローストに、挑戦した。

川上弘美の『神様』を読んで以来、やってみたかった料理だ。

小説のなかで〈くま〉(雄の成熟した動物の熊)が〈わたし〉とピクニックに出た際、お弁当に持ってきた料理のなかに「赤ピーマンのロースト」があった。

赤ピーマンが甘いね。「薄皮を剥くのが少しむつかしいでした」
どうやって剥くの。「オーブンで十分ほど焼いて、それからすぐに紙袋に入れて蒸らします」なるほど。「うまく蒸れるとするする剥けます」
気持ちよさそう。「気持ちいいです」

じつは何度かやってみたことはあるが、「紙袋に入れて」「するする」というところができず、不完全燃焼だった。

 

そんな思いに火をつけるかのように、食事したイタリアンでこんな話を聞いた。

「オリーブオイルを塗ってから、低温で時間をかけて焼くといいですよ」

紙袋に入れて蒸らすより簡単に皮が「するする」と剥けるという。当然、不完全燃焼の火は再燃した。

やってみると簡単だった。ほんとうに「するする」と皮が剥け、パプリカはとても甘くジューシーに焼き上がった。

 

憧れというモノは、心のなかに持ち続けていれば、いつか辿りつける日が来る、のかも。と思った出来事だった。

焼きあがりました。ほんのり焦げ目が。

するすると皮が剥けました。

中身はツナとケッパーとアンチョビをすり鉢ですったもの。挽いた黒胡椒も入れました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    こんばんは。毎日暑いですね。
    明日も36度になるとか、速く台風が行ってくれればいいのにと思っています。

    パプリカのロースト我が家では6等分くらいに切って魚焼き機で焼いています。
    20分ほど焼くと表面がこげつるっと剥けます。
    焼き方が足りないと皮が残ります。

    刻んでサラダに入れたりしていましたが、このさえさんのお料理おいしそうですね。
    食べやすいのもいいですね。

  2. さえ より:

    >hanamomoさん
    おはようございます♩
    今朝も雨が強く降ったり弱まったりしながら降り続いています。
    台風、心配ですね。
    魚焼きグリルでパプリカ、ローストされるんですね。
    ツナにケッパーとアンチョビを少し足すと、見違えるくらい美味しくなりました。
    お客さんを迎えるときの前菜にもいいなあと思います。
    新しい料理を覚えるのって楽しいですねえ♡

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.