CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

パンを分け合う人

胡桃パンを焼いて出かけ、帰ってくるとちぎって食べた跡があった。

不意に、映画『しあわせのパン』を思い出す。

パンをちぎって、分け合うシーンが印象的な映画だ。

 

田舎パン「カンパーニュ」の語源「カンパニオ」は、「パンを分け合う人々」のことだと知った映画だった。

たぶん「カンパニー」の語源でもあるのだろう。

「パンを分け合う人々」は、「仲間」であり「家族の原点」なのだ。

 

2012年に公開されたこの映画のキャッチコピーは、「わけあうたびに わかりあえる 気がする」だったそうだ。

夫がちぎったパンを見て、いつしかこうして家族になったのだなと思った。

夫がちぎった胡桃パン。「食べていいよ。冷めたらジップロックに入れておいて」と頼んで出かけました。

横から見ると、こんな感じ。焼き立ては、「モチモチで美味しかった」そうです。

スライスして。胡桃は身体にいい成分もいっぱいあるんですよね。

翌朝のご飯。胡桃パンも定番になりました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.