CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ピーマンの肉詰め

レタスと時同じくして、茄子とピーマンをたくさんいただいた。

夫のリクエストに答え、ピーマンの肉詰めにする。赤ワインに合う夕餉だ。

豚ひき肉と剥き海老を叩いたものを混ぜ、ニョクマム&レモンでベトナム風にした。ピーマンの苦味がニョクマムと相性ばっちりだった。

 

「ピーマンの肉詰め作ったのって、初めてかも知れない」

夫に言うと、

「前にもそう言ってたよ」

と返ってきた。

ほとんど作らないレシピだが、作ったことはあるらしい。手間もかかるし、合いびき肉で作るハンバーグを詰めたものは、この頃ちょっと胃に重くなってきている。ずいぶん前に作ったのだろう。

「忘れちゃってたのかあ。まあ、忘れるのもいいかもね。初めての感動を2度味わえて」

 

クリームパンのエピソードを思い出した。

以前特急あずさで近くの席に座っていた「新たな発見」をした4歳くらいの男の子のことだ。大人しくパンを食べていたのだが、発見した驚きを母親に伝えたくて、つい声が大きくなったようだ。
「ママ。見て見て、すごいよ!  このパン、クリーム入ってる」

クリームパン初体験だったのだろう。

母親は、恥ずかしかったのか「はいはい、そうね」と小声である。しかし母親の態度に、自分の大発見を理解してもらえていないと彼は思い、さらに声高に訴えた。
「すごいんだよ!  だって、パンのなかにクリームが入ってるんだよ!」
小さな身体にあふれんばかりの感動を伝えようとしていたっけ。

 

忘れることは人間の特技だと言ったのは、誰だっけ。それさえももう忘れたが、忘れることも悪くない。クリームパンの感動は、わたしにはもう味わえないだろうけれど。

肉厚なピーマンと、細いけれどやわらかくジューシーな茄子。

ピーマンの肉詰め。横に3つに切りました。

茄子のソテーを、オーブンでチーズ焼きにして。

朝食用のピーマンのきんぴら。

具だくさんのお味噌汁も好きだけれど、茄子の胡麻油炒めオンリーのシンプル味噌汁に茗荷をたっぷりのせるのも大好き。

初物の桃も、ようやく食べました。甘かった!

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.