CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ホットミルクの膜

カフェオレ(といえるかどうかわからないが)が飲みたくなったら、カップの牛乳を電子レンジでチンしてホットミルクにし、インスタント珈琲を溶く。

ネスカフェのゴールドブレンドが好きで、かれこれ30年以上インスタントはこうして飲んでいる。夏にはアイスカフェオレがまた美味しい。

 

そのホットミルクをチンするとき、必ず思い出すことがある。

若い頃バイトしていたレストランで、ホットミルクが好きなシェフがいた。休憩時間に彼にホットミルクを淹れるのもバイトの仕事だった。

レンジでチンなどもってのほかで、ミルクパンで温め、専用カップに注ぎ、お出しした。何より大切なのは、カップに張った膜を取り除くこと。沸騰直前まで温めているので、2度膜が張る。2度目の幕を取り除いてから出すこと、と先輩に教わった。

神経質なうえに、口うるさいシェフだったが、料理の腕はみな認めていた。

ドラマ『グランメゾン・東京』でいうと、キムタク演じる尾花の役どころだ。もちろん星をとるようなレストランではなかったが、料理をするからにはこだわりがあって当然だろう。

 

シェフの名前どころか、もうすっかりその頃のことなど忘れているのに、ホットミルクをチンするたびに思い出す。

散歩をしながら思い出す昔のことも「今日の出来事」なら、彼にホットミルクを淹れていたあの頃も、今日の出来事なのだろうか。

いつもカフェオレを淹れるレンチンOKのカップです。

切らしていた珈琲豆をようやく買いに行きました。「AKITOCOFFEE」です。

浅煎りのコロンビアの豆です。

ミルで挽いて、カップを温めて。

新鮮なので、膨らみます。

左がわたし、右が夫のカップ。

カップの横顔をお見せしましょう。

また違う横顔も持ち合わせているんです。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    こんにちわ。
    グランメゾン東京、見ています。誰もこんなシェフならついてこないなあと思うのですが、そこはさすがにキムタクですね。そして、鈴木京香さんですね。
    とても、美味しそうです。
    これから、どうなるのでしょうね。

  2. さえ より:

    >ぱすさん
    『グランメゾン・東京』おもしろいですね~楽しみに観ています。
    嫌われ役のはずなのに、存在感ばっちりでさすがキムタクですね~鈴木京香も、好きです。
    料理って楽しいし、深いですよね~
    そして何かを作るって、楽しい!
    そんな気持ちんとを思い出しますね♪

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.