CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ヴィシソワーズは、母の味

「じゃが芋の冷たいスープが食べたい」

バテ気味の夫のリクエストで、ヴィシソワーズを作った。

普段作らないので、ネットの簡単レシピを参考にして、ふたり分だけ作り冷蔵庫で冷やした。思っていたほどの手間はかからなかったので、暑すぎる夏にはぴったりのレシピ。トッピングなどアレンジしてまた作ろうと思っている。

 

ところで、「ヴィシソワーズ」という名。知ってはいたがなかなか覚えられない。夫のリクエストに対しても「ああ、ビシなんとかね」と答えた。

どんな意味なのかとウィキペディアを読んでみると、「ヴィシー風冷製クリームスープ」とある。「ヴィシー」はフランスのある地域の名で、ヴィシー出身のシェフがニューヨークのザ・リッツ・カールトンで作ってから、広まったとか。

そのシェフは、暑い夏の日に母親がクリームスープに冷たい牛乳を入れて出してくれた記憶から、発想を得たらしい。母親の愛を感じるエピソードだ。ママンの料理の記憶は、やぱりいつまでも残っているものなのだなあ。

 

そういえば、わたしも母のスープの記憶があった。コーンスープだ。

ホールコーンの缶詰と同じ量の牛乳を鍋に入れて温め、バターを落とすだけ。インスタントと言ってもいいほど簡単だ。しかしそれこそが、北海道の牧場で育った母ならではの味なのだろう。

せめてクリームタイプの缶詰めにしようよ、とか、コンソメを入れた方が美味しいんじゃない、とか、自分が母親になってからは多少アレンジしたが、たまになつかしくなりホールコーンでバターの塩味だけで作ってみたりもする。

 

子どもたちは、わたしのスープ、何か覚えているだろうか。やっぱり、misoスープかな。

じゃが芋と玉葱をバターで炒め、水を入れ蓋をして10分くらい煮ます。

そこに牛乳を入れて沸騰直前まで温めて、塩胡椒。コンソメ抜きでさっぱり味。

フードプロセッサーにかけて冷蔵庫で冷やしてできあがり。トッピングも黒胡椒にしました。器も冷やしておきました。

じゃが芋と玉葱は同じ素材でしたが、スペイン風オムレツと一緒に。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    おはようございます。
    暑いときに、冷やしていただく野菜料理ですね。
    ヴィシソワーズ。
    私もすっと言えたためしがありません。
    カルディなどで、レトルトなんかを見かけては買おうかなと、思いながらも、いやいや家でも出来ると、思いとどまり、でも結局家でもやらなかった。
    ここの最近のことでした。

    やってみようと、思いました。
    スペインオムレツも、美味しそう!

    • さえ より:

      ぱすさん
      ヴィシソワーズ、覚えにくいですよねえ。
      フランス語だからかなあ。
      冷たい料理だから、レトルトでもそのまま食べられるからお手軽って思いがちですね。
      でも、じゃが芋と玉葱の味が濃くて、それだけで美味しかったです。
      ぜひ、やってみてください。
      スペイン風オムレツは、我が家の定番です。さっぱりしたものが食べたいときのメイン料理にぴったりですよ~♩

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.