CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

七草粥に

きのう7日の朝、何年かぶりに七草粥を炊いた。

「七草粥、久しぶりだよねえ」

夫に言うと、そうだっけ? と思い出せない様子。

「だって、正月7日にきみが家にいること、ほとんどないじゃん」と、わたし。

「ああ、たしかにそうかも」と、夫。

今年は7日が日曜だが、年明けの会社始業はたいてい5日からで、彼はしばらく東京に滞在するのが通例だ。それでなくとも年明けのバタバタのなかで、七草粥は「まあ、いっか」のひと言で済ませられることが多かったように思う。

 

久しぶりに七草粥の草の匂いを嗅ぎ、考えた。

「朝ご飯、週何日一緒に食べてるんだっけ?」

夫は毎週東京で2泊するから、5日はともに食事していることになる。

「けっこう、一緒に食べてるんだ」

そう思ってホッとした。

一緒に暮らしていても、それぞれ都合のいい時間に食べるという家族もいる。それはそれで合理的だとも思う。だけどわたしは、家族と一緒に食べたい。誰かと一緒に食事するのが好きなのだ。

 

「お粥の水、少なかったね」

「もうちょっと、やわらかくてもよかったね」

ふたり言いあいながら、七草粥を食べた。

何でもない会話だけど、そういうものが食卓にぬくもりを添え、消化だって助けてくれるんじゃないかな。

CIMG5802せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、春の七草。今年も言えた(笑)

CIMG5804ご飯土鍋で炊きました。ちょっとお水が少なかった。

CIMG5805なので、もちもちなお粥に。新米のお粥、って感じの食感でした。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

  1. papermoon より:

    さえさん、こんにちは!

    七草粥、懐かしいです。
    子供の頃はいつも食べてました。
    一人暮らししている時もスーパーで七草セットが売られていたので、自分でも作ってました。
    今はもう何年食べてないんだろう・・・
    春の七草は昔は覚えていて言えたのに今はごぎょうとはこべらが出てきませんした(笑)
    もちもちのお粥、美味しそうです♪

    • さえ より:

      papermoonさん
      こんにちは~♩
      七草粥、たまに食べると美味しいですね~去年お粥にハマった時期があったので、七草揃わなくてもまた食べたいな~って思いました。
      papermoonさんも、しばらく食べてないんですね。
      なつかしい味ですよね~♡もちもちもまたよしですね。
      わたしもときどき、ごぎょうが出てこなくなるんですが、今年は言えました(笑)

AKN_0730

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.