CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

三杯酢という言葉

御節のなますを作っていて、ふと疑問が湧いた。

「三杯酢って、どうして三杯酢っていうんだろう?」

料理本には「二杯酢」というのもある。

思い立ったが吉日と、調べてみた。

 

むかしは調味料を杯で量る家庭が多かったらしく、酢1杯+醤油1杯=二杯酢。酢1杯+醤油1杯+みりん1杯=三杯酢と呼ばれるようになったという。

大さじ小さじも、計量カップもない時代に生まれた言葉だったのだ。

 

もう何十年も「三杯酢」という言葉は、食卓にキッチンに静かに違和感のかけらもなく置かれていて、その意味など考えてもみなかった。

家庭というものは、そんな小さな言葉や、そのもの、それがもたらした時間や会話や温度や、そういうものでできているのかもしれない。

三杯酢で和えたなますです。柚子をたっぷりと入れました。

喪に服して、紅白のかまぼこだけはやめましたが、御節は普通に作りました。

 

☆2021年も、かき続けていきます。

 よろしくお願いいたします。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.