CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

京てまり

人生の先輩と尊敬する年上の友人から、地もと京都の和菓子が届いた。

「京てまり」とある。

荷をほどき、和テイストの品のいいパステルカラーがちりばめられた箱を見た瞬間にうれしくなった。

そして箱を開けると、なかにもパステルカラーが並んでいる。

ひとつ封を開けると、ころん。もうひとつ開けて、ころん。また、ころん。

それぞれの香りをふうわり漂わせながら、皿の上で笑っている。

口に入れると、

「あ、ラムネ」

ひとつひとつ味が違うなかで、ラムネが口に飛び込んだのは、ラムネのことをかいたばかりだったせいだろうか。大きさ形も、ラムネのビー玉と似ている。

HP毎日更新仲間でもある先輩とは、不思議と同じテーマの記事をアップすることが多く、どうしてこの時期に? と季節外れにシンクロすることもあり、そんなとき、

「また、ニアミス~」

と、たがいに笑ったり、不思議がったり、うれしくなったりしている。

 

20代の頃、「パステルカラー」という言葉とともに流行ったやわらかな色合いたち。ひとり暮らしをしていたときにも薄いペパーミントグリーンの絨毯を敷いていた。

最近選ぶこともなくなったそのやわらかな色たちを目にして、こんなにも優しい気持ちになるなんて。そのうえ小さく丸くやわらかく甘いのだ。

「寒天は身体にいいから」

そんなふうに選んでくださった、その気持ちもパステルカラーをまとっている。

またひとつ、大切に口に入れた。

素敵な箱に、三角パックの包装もお洒落です。

なんとも癒される色合いとまんまる。ラムネとレモンとさくらでした。さくらは桜餅の味がしました。

すぐきのお漬物も、同封されていて、うれしい♡

夫の大好物なんです。

さっそく朝ご飯に、いただきました。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    こんにちわ
    可愛いお菓子ですね。涼し気で、ちょっとつまむのにいいぐらいの大きさですね。
    寒天ですか・・。今度、帰省した折に見つけてみようかなあと思いました。
    お正月以来ですが、来月ようやく帰れそうです。

    すぐきも、お茶漬けで、さらさらと・・・暑い時期にちょうどいいですね。

  2. さえ より:

    >ぱすさん
    可愛らしくて涼しくて、甘さもやわらかで美味しいです♩
    ぱすさんは、ご実家、京都でしたね。
    わたしも来月、神戸に帰省することになりそうです。
    みんなが気をつけながらですね。
    すぐきでお茶漬け!
    なるほど~美味しそうです♡

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.