CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

休日っていい

毎朝、ご飯土鍋でご飯を炊くようになり、半年が経った。

夫が会社に行く日は、朝5時35分にガスの火を入れる。冬場は9分炊いていたが暖かくなり8分で炊けるようになった。10分~15分蒸らせばOKなので、6時きっかりに食べられる。その25分間で味噌汁やらおかずやらを作り、なるべく出来立ての熱々をよそうよう心がけている。

そう。このパターンのときには、6時を目指す。

 

だが休みの日は、起きる時間もまちまちだ。特別な用事があるとき以外は、ゆっくりとストレッチする夫を待ち、ガスに火を入れる。何時かを目指すのではなく、ストレッチに要する時間があと何分くらいかかるのか、というところにポイントを置く。

なので夫がそれを逆算し、炊き始めるべき時間にスタートの合図をくれる。

このパターンのときには、目指す時間はない。

 

目指す時間がない。たったそれだけのことだけれど、ガスに火を入れるとき、やわらかく気持ちが広がっていくのを感じる。休日っていい。

CIMG01462合炊きの小さな土鍋です。万古焼(ばんこやき)です。CIMG0150きのうの朝ご飯は、残り物の銀鱈の煮つけとサラダ、お味噌汁でした。蕗の葉木の芽味噌を、ご飯にのせて、蕗の炒め煮もいただきました。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.