CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

個性はこだわりが作っていく

今年のシルバーウィークは2つに分かれてしまったが、毎年恒例となったバーベキューは、変わらずに行った。

夫の高校時代の友人の焼肉屋さんが、神戸からお肉持参で訪ねてきてくれる。そのお肉を思いっきり味わおうというバーベキューだ。今年は、夫の高校時代からの共通の友人がもう一人参加して、楽しい宴会となった。

 

美味しいお肉をお腹いっぱい食べたからか、翌日誰も二日酔いになることもなく、朝食後には、ゆったりまったり珈琲タイム。スペシャルティコーヒーの店『豆玄』で買ったばかりの新鮮な豆だったので、話題も自然と珈琲のことになる。酸味が濃い方が好きとか、コクのある珈琲が好みだとか、みなブラックで味わいながら口々に言いあった。それぞれこだわりを持っているのだ。

 

考えてみれば、みな50年以上生きているわけで、大小数え切れないほどのこだわりを持っていて当たり前だ。そのこだわりで人となりが、個性というものが形成されているのだとも言える。

 

客人が、居間のステレオでなつかしい曲を聴きながら、言う。

「縦長のスピーカーは、あかんで。”Bose”のんを天井につけたらどうや」

夫は、一蹴した。

「ほっといてんか」

スピーカーにこだわりを持たないわたしは、彼らを形成しているもののひとつを、ただ眩しく見つめていたのだった。

神戸三ノ宮『松竹園』店主さんが持ってきてくださったお肉です。

お店のメニューにはない秘蔵、牛タンスモークもいただきました。

お肉、ほんとうに美味しかったです♩

我が家の個性たっぷりな珈琲カップたち。

食べるのに夢中で(笑)BBQの写真が少ないので、庭の様子を。長雨で顔を出したキノコ。

瞳麗しいけろじ。頬袋大き目だから男の子かな?

すっかり赤くなった秋トンボはテッポウユリの実の上にとまって。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.