CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

卵のなかの小宇宙

日曜の夜、海老しんじょうを揚げた。

つなぎに卵の白身を使うので、黄身が余る。

翌朝、肉じゃがに卵を落としただけの簡単な朝食に、黄身をもうひとつ入れ足した。

「卵、双子だったよ」

と、夫にうそぶく。

そんなふうに料理は日々つながっていて、ひとつひとつの献立は切り離して考えられるものじゃない。それが暮らすということなのだろう。

 

黄身だけを使う料理も、ある。

定番のアボカドユッケには、安い赤身の鮪を美味しくするために黄身だけを混ぜる。アボカド、叩いた鮪、真ん中に黄身。緑と赤と黄色のコントラストが美しくなるのもうれしい。

翌朝は、たいてい白身多めのスクランブルエッグになる。

 

こんなふうにして、毎朝卵を食べている。

これまで生きてきたなかで、いったいいくつ目玉焼きを焼いたことだろう。

パカッと割った卵のなかには、いくつもの朝ご飯が、ともに食べた誰かが、過ごした時間が、小さく渦を巻き小宇宙を形成しているのかもしれない。

蓮根と海老だけのシンプルな海老しんじょう。

翌朝は、肉じゃがに卵を落として。わたしの卵はひとりっこ(笑)

アボカドユッケを作った日には白身だけが余ります。

通常運転の朝ご飯。

ちょっと失敗ぎみの目玉焼き。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.