CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

味噌に負けず

東京では、会社近くの神保町『味噌鐵カギロイ』で飲んだ。

ホームページによると「一軒家味噌鉄板素焼きノ店」だそうだ。

また「大通りを一本は入り、見過ごしてしまいそうな小さな灯り。看板の無い店」ともある。「カギロイ」とは「陽炎(かげろう)」の意味を持つ言葉。通り過ぎると見えなくなる場所、という意味だろうか。

 

味噌和え、味噌ディップ、味噌漬け焼き、味噌煮込み、まあ味噌三昧の食事だった。その味噌が、とにかく美味い。珍しくビールをやめ、熱燗を傾けた。熟成された深い旨みに、ほろほろと酔っぱらう静かないい夜を過ごした。

 

食べながら、どこぞの蔵で眠る味噌を思い浮かべた。

夏のバーベキューでアメリカ男子に教わった。彼は肉を浸けてしばらく「ねかせる」ことを「sleep(スリープ)」と言っていた。味噌もsleepして、美味しくなったのかと連想したのだ。

だが調べれば「熟成」は「 agingエイジング)」だった。アンチエイジングのエイジング。「老齢化」という意味である。

熟成させるには、ねかせる、sleepよりも、もっと長い時間が必要なのかな。時間をかけてこその味があるってことだよね。

 

歳を重ねるって、思っていたほど悪くないと思うようになったこの頃。味噌に負けず、眠ってばかりいないで熟成していかなくっちゃ。

CIMG4237つきだしの鮪の味噌和え(?)と、有機生野菜の嘗め味噌ディップ。

CIMG4242芋豚バラ肉の味噌つけ焼き。カウンターに座ると目の前で焼くのが見られます。

CIMG4239もろ味噌大根のジャコと九条葱の出汁巻き卵。

CIMG4248味噌味の肉じゃがのじゃが芋は、皮つきでした。

CIMG4246濃厚な豆腐の味噌漬けを、バケットに塗って。

CIMG4244「美味ニシテ滋養」だそうです。味噌焼きおむすびも美味しそうだった。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CIMG9620

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.