CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

塩豚のレタス鍋

パセリと一緒にいただいた大玉のレタスを、日々楽しんでいる。

新鮮だから生でもたくさん食べられるが、他に美味しい食べ方はないかと料理本をめくり、栗原はるみの料理雑誌「haru-mi」の夏号で、「塩豚のレタス鍋」を見つけた。

「これだ!」

けれど、塩豚は塩をしてから2日以上置くとある。

それが金曜のことだったので、とりあえず生でレタスを楽しんで、塩豚が美味しくなったら、レタス鍋にすることにした。

 

わくわくした。

じつは「塩豚」を作るのは初めてのことで、ひそかに憧れていた。

「ただ豚の塊に、塩をまぶすだけでしょう?」

と言われそうだが、その先の塩豚を使った美味しいレシピが連想できず、これまで作れなかったのだ。もうだいじょうぶ。塩豚の先には、レタス鍋がある。

味つけは、鶏がらスープと塩、花椒だけ。シンプルに素材を楽しむ鍋だ。

これが美味しかった。

最初は、レタスの味が薄いように感じたが、夫の提案でクタクタになるまで煮てみたら、大正解だった。

これならひとりでも、大玉レタス1個をうっとりしながら美味しくたいらげられる。比喩ではなく。

 

初めてのハードルを超えられた塩豚のレシピも、これから探していこう。

大きい。そして、瑞々しい! 5つもいただきました。

朝食にも、大皿に山盛りにして食べています。

「レタスのために作りました」というドレッシングを購入。

朝から生野菜をたっぷり食べられて、うれしい♡

そして、初めて作った塩豚。切る前に写真を撮るのを忘れたので半分くらいです。栗原はるみレシピでは、豚バラ肉300gに塩9gで2日置く、とありました。やわらかめの塩味です。

具材は、塩豚とレタスだけ。

鶏がらスープと塩、花椒を入れた汁に塩豚を入れて。

クタクタになるまでレタスを煮たら、出来上がり。美味しかった~♩

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ユミ より:

    いつもレタス丸ごと1個は、いくら安くても買わなかったんです。
    これはいいかもしれません。
    お鍋にしなくても、煮物感覚で一人分作るにも手軽に出来そうですね。
    何より材料が2つっていうシンプルさが私向きです。(笑)
    最近もまとめ買いをなるべくしているので、食材を如何に無駄にしないか、
    考えるのも面白いですけど、考えるのが邪魔臭くなる時も・・・
    花椒はないけれど、そのあたりはまた適当に黒七味ででも代用しようかしら。(^^♪

  2. さえ より:

    >ユミさん
    ひとりの日が多いと、レタス1個は難しいかも知れませんね。
    こちらは、レタスを作る農家さんも多くて、よくいただくんです。
    5個もらっても、困らなくなりました(笑)
    そうですね。煮物感覚で作れば、翌日も食べられていいかもしれませんね。
    わたしも、買い置きしたり、それを残さず使ったりするのは、ちょっと苦手です。
    だんだん疲れてくる頃に入ってきたかも。
    黒七味、いいですね~やってみてください♩

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.