CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

山椒と珈琲

山椒の実を収穫した。

今年は、これまででいちばん実をつけていて、たっぷりと採ることができた。

 

日曜の朝、夫と採ったのだが、その後珈琲を淹れて、くつろぎながら茎をとった。

部屋じゅう、うっすらと山椒の匂いがたちこめているが、それも珈琲の香りにかき消されてしまった。

しかし、茎をとる指には、しっかりと山椒の匂いがついていた。

珈琲をひとくち飲んだとたん。

「あ、いつもと違う味」

山椒の匂いが、珈琲の味を変えていた。

それがちっとも嫌な味ではない。かえって美味しいくらいだった。心地よく山椒テイストの珈琲を飲みつつ、茎とりの作業を終えることができた。

 

匂いというものは、味覚をも変えるのだ。

植物の匂いの不思議と、人の身体の不思議をあらためて知る休日の朝となった。

大きなボールなので少なく見えるけど、たくさん採れました。

珈琲を飲みながら、茎とり作業。

茎はちょっと残っていてもいい。というのがわたし流。だって茎も山椒味だもんね。

1回分は佃煮にして、あとは洗ってそのまま冷凍しておけば、煮魚や肉豆腐などに入れて、1年間楽しめます。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.